■パソコン用のメガネ、ピントが合わなくなってきた

<50歳女性の例>
主に職場で使うパソコン用の眼鏡を御希望。現在使っているパソコン用眼鏡ではピントが合わず、遠くが見えるようになってきた為、
元の距離にピントを戻してほしいとの事です。中間用を作る場合も遠用度数と近用度数の検査が必要になります。

まず、遠用と近用の度数を測定することが基本です。

現在の遠用度数
R)裸眼視力0.6
L)裸眼視力0.5

R)sph+0.50D cyl-1.50D Ax90° 矯正視力1.2
L)sph+0.75D cyl-1.50D Ax90° 矯正視力1.2


現在の近用度数

R)sph+2.50D cyl-1.50D Ax90°
L)sph+2.75D cyl-1.50D Ax90°

※遠用度数に+2.00D加入で充分小さな文字も見えます。
※加入度は個人差あり。



年齢別加入度

年齢別加入度
40歳~45歳 +1.00~+1.50
45歳~50歳 +1.50~+2.00
50歳~55歳 +2.00~+2.50
55歳~60歳 +2.50~+3.00
60歳以上 +3.00~



年齢別加入度
若い時は、遠くも近くも良く見えていますが、一定の年齢に達してくると、近くの細かい文字などが見にくくなりはじめます。
「眼の調節の衰え」ですので、遠方度数に上記の度数を足して(加入)あげるのです。もちろん個人差はあります。
 

■そして、こちらのお客様はcyl(乱視)が主体の眼です。両眼(裸眼)で視力表を上から読んでいただくと、意外と1.0近くまで読んでしまいますので普段は裸眼で過ごしていますが、厳しく測らせていただくと正確には答えておりません。


 

乱視というのは、一方の方向がはっきり見え、その90°反対方向は曖昧な見え方をしています。

DSC_0040


DSC_0040
「に」が「こ」のように見えたり


DSC_0040
「に」が「1」のように見えたり




 

!Point

乱視眼の人を視力検査すると、視力表のある一定ラインまでは正確に答える事ができ、そこから下は合っていたり、間違っていたりしながら視力表のかなり下の方まで読んでしまうという特徴がございます。例えば、0.7が見にくいのに、0.8が見えたり。 

DSC_0040
見やすい方向と、見にくい方向がある
答え方をしてしまいます。              



 

現在の遠用矯正度数と、お使いの眼鏡との比較

4年前に作った眼鏡

R)sph+1.00D cyl-1.00D Ax90° 
L)sph+1.25D cyl-1.25D Ax90°
※眼前60cmあたりが見やすいように作った眼鏡


現在の遠用矯正度数

R)sph+0.50D cyl-1.50D Ax90° 
矯正視力1.2

L)sph+0.75D cyl-1.50D Ax90° 
矯正視力1.2


■4年前の度数と、現在の遠用矯正度数を比較すると、さほど変わりなくなってきたので遠くが見えるようになってきた事がわかります。

作製パソコン用眼鏡

R)+1.75D cyl-1.50D Ax90°
L)+2.00D cyl-1.50D Ax90°

※眼前60cmあたりが見やすいようにピントを戻しました。



 

■老眼鏡が弱くなってくると、中間距離にピントが合ってきます。なのでまた、手元にピントを戻さなければなりません。中間用眼鏡が合わなくなってくると、遠くが見えるようになってきます。やはりまた、中間にピントを戻さなければなりません。平均的には3年経つと当初良く見えていた距離との違いが明確にでてきます。


 

中間距離に関するページへ
用途に応じた眼鏡
両眼の焦点距離を合わせたパソコン用眼鏡