■初めて普通に歩ける眼鏡との出会い(不同視)

完全矯正値は、あくまでも参考程度に考える

完全矯正
R)sph-2.50D                             矯正視力1.2
L)sph+0.25D cyl-1.00D Ax90° 矯正視力1.2

DSC_0040
R)裸眼視力0.2
ピントが、網膜の手前で結ぶ近
視の焦点
DSC_0040
L)裸眼視力0.8
縦横の角膜カーブが異なるため
一方が近視の焦点、もう一方が
遠視の焦点


持っていた歩くのが怖い眼鏡

R)sph-2.25D                             視力1.0
L)sph+0.25D cyl-0.50D Ax90° 視力1.0

※左右の差が2.50Dあり、片目ずつなら良く見えますが両眼で見ると歩行が困難


■完全矯正値から左右とも少々弱めた程度では、使いこなせる眼鏡にはなりません。重要なのは、裸眼視力から何段階アップしたかで決まります。左目は元々の視力が良いので0.8の裸眼視力を2段階アップして1.0としても、何の問題もないでしょう。
問題は右目にあります。
0.2⇒1.0これは8段階アップです。0.2⇒0.30.40.50.60.70.80.91.0
左右の差がある場合、両眼共に同じ視力に揃えられてしまうと、左右でそれぞれ像の大きさが違って見えるため、とても苦痛を伴います。
 

左右の差に順応(年齢別)

順応できるレンズの左右差
小児 3.00D~4.00Dも可能
成人 2.00Dまでが原則(個人差あり)
高齢の場合 1.00Dが理想


検眼と眼鏡合わせは左眼から、

不同視の場合、遠くが見やすい方の目から視力、度数を決定する方がスムーズな流れになります。必ずしも右から検査しなければいけないという決まりはございません。お客様の左目は、遠視の焦点と近視の焦点がある混合性乱視。裸眼でも良い視力を得られていますが、疲れない様にするために度数をしっかり合わせます。
一方、右目は近視。普段はこちらの目で近くを見ています。遠くは左目で、近くを右目で見るというように上手にモノビジョンが成り立っていますが、いつも一方の目しか使っていないため不都合な事もあるようです。

左の度数を決める

L)sph+0.25D cyl-0.75D Ax90° 視力1.0


右の度数を決める

-2.00D 視力0.9 足元がこわい
-1.75D 視力0.7 やや足元がこわい
-1.25D 視力0.6程度 かけられる


作製眼鏡

R)sph-1.25D                             視力0.6

L)sph+0.25D cyl-0.75D Ax90° 視力1.0

※右の裸眼0.2⇒0.30.40.50.6
※左の裸眼0.8⇒0.91.0

左の度数を最初に決め、右の度数は普通に歩ける度数でやめておく。


その後、道端でお会いすると、いつも眼鏡をかけているお姿を拝見しています。