■眼鏡でよく見えるなら、手術はまだ先にする事にした。<白内障>

DSC_0040 白内障の手術とは、目の中に元々あるレンズの役目を果たす水晶体が白濁し、光の通りが悪くなり、結果として視力矯正しても視力が向上しないため、人口の水晶体に置き換えるものです。必ずしも両眼同時に白濁するとは限らず、片眼のみ手術する場合もあり、一方の白濁が強く一方の白濁は弱い場合は、白濁の強い方を先に手術してもう一方は様子を見ながら手術の時期を待つという方法が多いです。片眼が人口水晶体で、片眼が元来の水晶体の場合、新しく入れ替えた方は色鮮やかに見え、元々ある水晶体の眼は色がくすんで見えるという事があります。


白内障になっているけども、即手術をするのではなく検眼の結果、御本人にとって良い視力が得られたのでレンズの度数を変える事を希望されたお客様の例です。一般に視力検査表の下の方まで読める事ができたら「良好な視力」であると判断しますが、「自分はこの位見えれば満足」と、一人一人の感覚は異なります。

70代後半男性の例

<検眼結果>
※右目は白内障が強いため、矯正は視力0.2まで
R)裸眼視力0.1
L)裸眼視力0.3

R)sph±0.00   cyl-0.50D AX90° 視力0.2

L)sph+0.75D cyl-2.25D Ax90° 視力0.8

ADD+3.00
ADD+3.00

DSC_0040
【By-focalレンズ】レンズの
中に歪む部分はありません。
遠くと近くが、きちんと見る
事ができます。小玉の上部線
が目でわかるため、「ここか
ら下が老眼だ」と認識できる
ので、安全なレンズです。   


spherical lens(球面レンズ)  Dioptre(単位)  cylindrical lens(円柱レンズ)  Dioptre(単位)  Axis(軸)


作製眼鏡は、By focal
R)sph±0.00   cyl-0.50D AX90°  ADD+3.00

L)sph+0.75D cyl-2.25D Ax90°  ADD+3.00

遠近両用用語 【ADD】=【加算・加える】
遠用度数の遠視や近視 「spherical lens(球面レンズ)」に、年齢別に分けられた老眼の度数を加算するという意味です。上記の遠用度数に、
+3.00Dを加算した近用部分(老眼部分)の度数は、

R)sph+3.00D cyl-0.50D AX90°

L)sph+3.75D cyl-2.25D Ax90°

と、なります。

年齢別加入度 -個人差あり-
40歳~45歳 +1.00~+1.50
45歳~50歳 +1.50~+2.00
50歳~55歳 +2.00~+2.50
55歳~60歳 +2.50~+3.00
60歳以上 +3.00~

 

ご本人の希望
眼鏡で視力が出るならば、まだ白内障の手術は先送りにしたい。あまり外出はしないので、そこそこ見えるようなら眼鏡を作り直して様子を見たい。

 

DSC_0040 片眼の視力矯正ができない、または片眼の視力が出にくい場合において遠近両用レンズを希望する場合は、一般的に遠近両用といわれる度数の流れを持つ累進多焦点レンズよりも【遠く】【近く】が明確に分かれていて、それぞれが単焦点レンズの見え方であるBy-focalレンズの方が使いやすい眼鏡が出来ます。




 

70代後半女性の例

<現在使っている眼鏡(遠近両用)の視力>
※遠視・乱視の度数も、更に老眼の度数も年齢的に弱い状態
R)裸眼視力0.4
L)裸眼視力0.6

R)sph+0.25D cyl-0.25D AX90° 視力0.5
L)sph+0.50D                            視力0.6

ADD+2.25
ADD+2.25

年齢別加入度+2.25D加算した老眼部分の度数
R)sph+2.50D cyl-0.25D AX90° 視力0.4

L)sph+2.75D                            視力0.4

現在使っている眼鏡の加入度(ADD)
40歳~45歳 +1.00~+1.50
45歳~50歳 +1.50~+2.00
50歳~55歳 +2.00~+2.50
55歳~60歳 +2.50~+3.00
60歳以上 +3.00~

 

ご本人の希望
眼鏡は10年以上前のもので、掛けっぱなしにしているが、裸眼も眼鏡もあまり変わらない。良く見えるようになると嬉しい。手術は今のところ考えていないとの事。


spherical lens(球面レンズ)  Dioptre(単位)  cylindrical lens(円柱レンズ)  Dioptre(単位)  Axis(軸)


<作製眼鏡>
R)sph+1.25D cyl-1.25D Ax105° 視力1.0

L)sph+1.50D cyl-1.50D Ax90°     視力0.9

ADD+3.00
ADD+3.00

老眼部分の度数

R)sph+4.25D cyl-1.25D AX105° 視力0.8

L)sph+4.50D cyl-1.50D AX90°     視力0.7

年齢別加入度 -個人差あり-
40歳~45歳 +1.00~+1.50
45歳~50歳 +1.50~+2.00
50歳~55歳 +2.00~+2.50
55歳~60歳 +2.50~+3.00
60歳以上 +3.00~




 

60代後半女性の例

<検眼結果>
R)裸眼視力1.2
L)裸眼視力0.6
R)(n.c) 矯正できる度はない。

L)sph+0.50D cyl-0.75D Ax90° 矯正視力0.8

 
R)右目(n.c)について:
※【n.c】= non corrigunt
矯正できない。また、どのレンズを用いても今の見え方よりも良好になる度数は見当たらない。ご自身の眼がいちばん見やすいという事です。

L)左目について:
ご本人曰く、「ダブる」との事。
「二重に見える」や「ボヤケ」とは、また違うダブり方でした。右参照

ダブる原因は、白内障でした。
DSC_0040 DSC_0040
●水晶体が白濁していく過程で、特に乱視がある人の特徴かと思われますが、文字や数字の上や下に、影が出ることがあります。 ●「へ」の字の上に、もうひとつ「へ」の字が影のように出る。


<作製眼鏡>
R)±0.00(度なし)                       視力1.2

L)sph+0.50D cyl-0.75D Ax90° 視力0.8

この度数で眼鏡を作ることとなりました。
ご本人の希望
ダブりの原因を知りたく眼科で精密検査をした結果、白内障によるものであり、他の重病ではなく安心。とりあえずは、まだ眼鏡で視力が矯正できるので、このままで様子を見ていくとの事。




 

白内障が進行していて、かかりつけの眼科医から手術をした方がいいと
言われている方へ

手術となると御本人だけでなく、御家族にとっても大きな出来事であり、親近者に経験した人がいない場合はとても不安です。日帰り手術が一般的ですが、ご高齢で入院しての手術を希望する方も多くおります。
遠くの方を見やすくしますか? 手元の方に焦点を合わせて老眼鏡を使わないようにしますか?これは一体どんな意味だろうか・・等
中々、ご自分から先生達に聞きずらい事もあるかと思います。

当店主は、平成22年に、両眼の白内障手術をしており、その後、平成27年に後発(こうはつ)白内障手術も経験しております。
ご自分なりに思っている事や、心配されている事、御相談承ります。