■左右差のある目と眼鏡合わせ

50代後半<女性Aさん> 「不同視」 中間距離重視の遠近両用

細かい文字などを見る場合、ある程度の強い近視がある目は手元にピントが合っていますから、どんな眼鏡よりも自分の目の方が見やすいとおっしゃいます。矯正した結果、見やすいだろうと思われる度数が検出されたとしても、自分の目の方がきれいにハッキリと見やすいとおっしゃいます。このような場合は、度が付いたレンズで合わせてはいけません。遠近両用眼鏡も仕事が関係していないのなら必要ないのですが、仕事が関係してくると、「ここが見えなければいけない」「あそこが見えなければいけない」と、距離の制約が出てくるので近視であっても遠近両用眼鏡を必要とします。


目の完全矯正データ(遠)
R)裸眼視力0.1
L)裸眼視力0.04

R)sph-1.75D cyl-0.50D Ax 90°   視力1.2
L)sph-4.75D cyl-0.50D Ax100°  視力1.2

使っている眼鏡のデータ(遠)
R)sph-2.25D                              視力1.0
L)sph-3.75D cyl-0.75D Ax115° 視力0.4
パソコンの距離を重視に作ったが、各眼の焦点距離が合わない。右目が「遠く」左目が「近く」というように、不同視眼のための普段使う遠用眼鏡としてならばこの度数でも良いですが、60cmという一定の距離を見る仕事の場合、この眼鏡ではピントが合いません。


目の完全矯正データ(近)33cmの検査距離
R)裸眼視力0.8
L)裸眼視力0.1以下

R)※n.c         視力0.8
L)sph-2.50D 視力0.8

遠方の矯正値を検査すると微量の乱視(cyl)が検出されますが、近方では乱視を外した方が見え方が良い。
※non corrigunt(n.c)
どのレンズを用いても矯正できる良好な度数は見当たらない。ご自身の右目がいちばん見やすいという意味です。
使っている眼鏡のデータ(近)
R)sph-0.75D                              視力0.5
L)sph-2.25D cyl-0.75D Ax115° 視力0.6
右目に関しては、御自身の目が一番近くが見やすいのに近視の度が残っているので、焦点が遠のいてしまうために手元が見づらい。左目に関しては、不要な乱視(cyl)が残っているために手元を見た時に見づらい。



 
 

眼鏡を作製
R)sph-1.50D 視力0.6
L)sph-3.75D 視力0.4
両眼で0.7です。遠くにピントが合った眼鏡は不要で、中間距離を重視。右目の焦点を手前に戻しました。細かい文字は眼鏡を外して見ればOKで、老眼鏡というのは使わなくて良いのですが、コンピュータ画面、手元の書類を眼鏡をかけたまま見られるよう、老眼度数も加入して遠近両用レンズを使います。
※ポイントは、老眼部分が近用完全矯正値の度になるように加入度数で調整します。右が±0.00(自分の目)になるように、左は、sph-2.50Dになるようにします。

R)sph-1.50D Add+1.50
L)sph-3.75D Add+1.25
このような中間距離~手元までピントが合う眼鏡にしました。強い度数を求めない人であり、近視なのでこの眼鏡をいつもかけています。

DSC_0040
DSC_0040
近用部分は、近視の度数と老
眼加入度との差し引きで右目
は度数無しとなっており、左
目だけに度数が入ります。各
眼共にこんなに小さい文字が
読書の距離(33cm)で読むこ
とができます。




 
 
 

70代後半<男性Aさん> 左右で性質の異なる目「不同視」 免許の更新

白内障手術後、運転免許を更新する為に眼鏡を作製しました。普通免許の条件は、片眼0.3以上、両眼0.7以上です。免許の更新だけでなく、裸眼は遠くが見づらい目なので普段も使えるよう、左右不同の目を普通に歩けるような眼鏡合わせをしました。Aさん曰く、人生で眼鏡を使うのは今回が初めてとの事です。
IOL
Intraocular lens
眼内レンズ(英: Intraocular lens, IOL)は、白内障手術で水晶体を摘出したときに挿入される人工の水晶体。


目の完全矯正データ(遠)
R)裸眼視力0.15×IOL
L)裸眼視力  0.5×IOL

R)sph -1.75D cyl-0.50D Ax  80° 視力1.0
L)sph+1.25D cyl-0.75D Ax110° 視力0.6

両眼共に白内障の手術をしています。元々、右目は近視でしたので小さな文字は裸眼で見えています。術後も同じ条件となるよう、老眼鏡が不要の手術をしていただいています。左目は網膜上の疾患があり矯正視力も出ません。更に、完全矯正すると左右の差が3.00Dある不同視の状態です。左右で度数の符号が異なります。右目が近視、左目が遠視です。
眼鏡を作製
R)sph -1.50D cyl-0.50D Ax  80° 視力0.9
L)sph+0.50D cyl-0.75D Ax110° 視力0.5
右主体の眼鏡です。各眼0.3以上、両眼で1.0の視力です。
R)sph -1.75D cyl-0.50D Ax  80°とは、
目が持つ度数 焦点距離
-1.00D 100cm
-1.50D 66.5cm
-2.00D 50cm
-2.50D 40cm
-3.00D 33cm
-3.50D 28.5cm
-4.00D 25cm
-4.50D 22cm
-5.00D 20cm
-5.50D 18cm
-6.00D 16.5cm
-6.50D 15cm
-7.00D 14cm
-7.50D 13cm
-8.00D 12.5cm
-8.50D 12cm
-9.00D 11cm
-9.50D 10.5cm
-10.00D 10cm
右目の乱視(cyl)の半分の数値を近視(sph)に足したsph-2.00Dという度数が持つ焦点距離は50cmで、大柄な男性の場合、この距離が丁度良い近見距離となることが多いです。裸眼で小さい文字が見えるので老眼鏡は必要ありません。
sph-2.00Dの近視がある右目は、
DSC_0040
こんなに小さな文字が裸眼で読めるので、老眼鏡というものは使いません。




 
 
 

50代前半<女性Bさん>  片眼強度の不同視 「免許の更新」

成人の一般的な不同視、左右2.00D以上の差があるレンズで装用すると、網膜に映る像の大きさが異なるために眼鏡装用は困難になります。その場合、主となる方の目(度数が弱い方)を希望する視力に合わせ、度数が強い方の目は主となる目に対して2.00D以内の度数で決定します。老眼の年齢であれば、度数が強い方は近用度数にしてあげると1つの単焦点眼鏡で遠くと近くが見えるモノビジョンという方法がとれます。不同視の人は意外とこの方法をとっていて具合が良い人が多いのです。


<例>
完全矯正値
R)sph-4.00D 矯正視力1.2
L)sph-7.50D 矯正視力1.0

眼鏡を作った場合
R)sph-3.75D 視力1.0
L)sph-5.50D 視力0.3(年齢50歳なら左眼が老眼鏡として使え、装用状態も良いはずです。)


片眼強度の不同視

片眼強度の不同視とは、片眼が一般的な近視(-2.00Dや-3.50D)で、片眼が-10.00Dを超える最強度の近視の場合です。
最強度の方は幼少期から弱視である事が多いです。①矯正できる方と、②矯正できない方があります。私達は、お客様の目の状態については眼鏡を作る上でとても大事な要素ですので充分お話を伺います。

目の完全矯正データ(遠)
R)裸眼視力0.1
L)裸眼視力0.01
R)sph-3.00D cyl-1.00D Ax65° 視力1.2

L)sph-13.00D(屈折度数測定装置の値)

【眼鏡を作製】希望は、運転免許の更新ができるように
R)sph-2.75D cyl-0.50D Ax65° 視力1.0
※①こちらの目が主となります。

L)sph-4.75D
※②右目同様の視力合わせはできませんので今まで使っている眼鏡と同じ度数のsph-4.75Dを入れて、極端に左右のレンズ厚みが不自然にならないようバランスを整えます。

運転免許は普通免許なので片眼0.3以上、両眼0.7以上です。片眼が主体の人は片眼で0.7以上必要です。充分クリアできます。


紫外線対策に選んだものは、【調光レンズ】

-調光レンズ-
UVカットされていて、色が変化するレンズ。屋内では限りなく無色透明になり、屋外に出ると天気の良い悪いに関係なく「紫外線量」に対して色が濃くなったり薄くなったり変化してくれます。

DSC_0040


 
 
 

80代前半<男性Aさん> 無水晶体眼 片眼主体の眼鏡「免許の更新」

昔の白内障手術では、今のような眼内レンズ(人口水晶体)は普及しておらず、安全性もはっきりしていませんでしたから、眼内レンズなしの白内障手術が普通でした。また、目の状態によっては当時の術式や眼内レンズでは危険なこともありました。
目の中でレンズの役割をする水晶体を取り除いて何も入れない場合、無水晶体眼用の眼鏡レンズを使います。


目の完全矯正データ(遠)
R)裸眼視力0.02
L)手動弁(眼前)

R)sph+8.75D cyl-0.75 Ax50° 視力0.7

L)sph+8.00D (バランスとして) 

裸眼視力が0.01以下の場合、手動弁(手を動かしているのがわかる)・指数弁(指の本数がわかる)・光覚弁(明るさがわかる)というあらわし方をします。右眼のみ視力が矯正できるお客様で運転免許の更新も必要。
眼鏡を作製
R)sph+8.75D cyl-0.75D Ax50° 視力0.7
L)sph+8.00D (バランスとして)
※左目が見えないからといって、度なしの±0.00レンズでは右との厚みが極端に異なるため、眼鏡の見た目を考慮して左右の厚み揃えを行います。


無水晶体眼レンズ
DSC_0040 DSC_0040
強度凸レンズを用いて光を
屈折させ網膜上に焦点を結
ばせます。
一般のレンズとは違って、
レンズ側方部には正確な度
は付いて降りません。
DSC_0040
片眼の視力矯正しか出来ない場合
自動車普通免許の条件は、両眼の視力が0.7以上。片眼がそれぞれ0.3以上あること。片眼の視力が0.3に満たない場合や片眼の視力がでない場合は、見える方の目の視野が150度以上あり視力が0.7以上あること。


 
 
 

80代前半<女性Bさん> 左右で性質の異なる目 「不同視」「プリズム加工眼鏡」

物が二重にダブって見えてしまう・・眼科での精密検査による結果、通常の眼鏡とは異なる作り方をします。症状としては、一定の距離から先の視線が上下に交差してしまうため、映像が1つの物として目に届きません。眼鏡レンズというのは真ん中にある光学中心といって、凸レンズなら一番盛り上がっている一番厚い部分。凹レンズなら一番へこんでいる一番薄い部分が光学中心です。この光学中心を左右や上下にずらしたレンズをプリズムレンズといいます。


プリズム加工しないと、このように見えてしまいます。

DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040
視力表のランドルト環 下の方にもう一列見える【右目】 上の方にもう一列見える【左目】

プリズム加工されたレンズ【例 右レンズ】

DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040
下側にずれて見えている指標
が1つになるように【上方プ
リズム加工】されたレンズ。
上方が厚くなる【右レンズ】 枠入れ【右レンズ】
DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040
下方が薄くなる【右レンズ】 枠入れ【右レンズ】 右レンズと同じ度数でプリズ
ム加工していないレンズです


目の完全矯正データ(遠)
R)裸眼視力0.2
L)裸眼視力0.2

R)sph+1.50D cyl-1.50D Ax120° 視力0.5 3プリズム上方

L)sph -1.00D  cyl-2.00D Ax  80°  視力0.5 3プリズム下方
※左右共に同じ様な度数に見えますが、右目が遠視、左目が近視、±0.00を境にプラスとマイナスにまたがった左右差2.50Dの不同視です。

眼鏡を作製
R)sph+1.50D cyl-1.50D Ax120° 視力0.5 3プリズム上方
L)sph -1.00D  cyl-2.00D Ax  80°  視力0.5 3プリズム下方

両眼で0.7見えます。物が上下にダブって見えるのでプリズム加工という特殊なレンズを用います。眼球は、基本的には寄り目に(内側)するのは容易いのですが、上下別々の動きは出来ないので御自身の目に頼るピント合わせはできず、物が上と下にダブってしまう場合、上下プリズム加工した眼鏡が効力を発揮します。遠用眼鏡、近用眼鏡共に上下プリズム加工を行います。


 
 
 

80代前半<男性Aさん> 眼疾患による片眼主体の眼鏡 「黄斑変性症 おうはんへんせいしょう」

両眼共にではなく片眼におきる場合が多く、Aさんの場合は左目です。網膜の中心「中心窩 ちゅうしんか」は最も大切な一点で中心窩を含む網膜の中央部分が「黄斑 おうはん」です。この黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気が「黄斑変性症 おうはんへんせいしょう」です。遠近両用眼鏡を使っていますが、両眼で見る事が難しく、片眼主体の眼鏡になる場合は、多焦点レンズよりも単焦点レンズを使い「遠用」「近用」との2つ分けの眼鏡にした方が見やすいです。


DSC_0040 DSC_0040
中心窩を含む網膜の中央部分「黄斑」に障害が生じる
と、見ようとする所が見えにくくなってしまいます。
目の完全矯正データ(遠)
R)裸眼視力0.4
L)手動弁(眼前で何か動いているのが分かる)

R)sph+3.00D cyl-3.00D Ax90° 視力0.7

L)sph+1.00D cyl-2.00D Ax90° ※正面は見えませんが、周囲は見やすくなります。

DSC_0040 ※左目はこのような状態です。(加齢黄斑変性症)
中心は見えなくても、その周囲は度数を入れた方が見やすくなるので±0.00ではなく、ご本人が一番明るく感じる度数で合わせます。
目の完全矯正データ(近)
R)裸眼視力0.1未満(近見視力表)
L)裸眼視力0.1未満(近見視力表)

R)sph+6.00D cyl-3.00D Ax90° 視力0.5

L)sph+4.00D cyl-2.00D Ax90° ※正面は見えませんが、度を入れることで明るくなります。

DSC_0040 ※右目主体ですがこれだけ小さな文字まで読むことができます。普段ルーペを使っているそうですが、眼鏡で矯正してこれだけ見えればルーペは必要ありません。


眼鏡を作製(遠)
R)sph+3.00D cyl-3.00D Ax90° 視力0.7
L)sph+1.00D cyl-2.00D Ax90° ※視力よりも鮮明さを重視
中心は見えなくとも、その周囲は度数を入れる事で見やすくなりますので、度なしレンズにはしません。
眼鏡を作製(近)
R)sph+6.00D cyl-3.00D Ax90° 視力0.5
L)sph+4.00D cyl-2.00D Ax90° ※正面は見えませんが、度を入れることで明るくなります。
少しでも今よりも良いと思われる度数を見つける事が重要です。


 
 
 

80代後半<女性Aさん> 眼疾患により片眼主体の眼鏡 

右目は学生の頃から視力が出ないままで、左目で何でもこなしている御住職です。職業上、遠用、近用と眼鏡を取り替える事はできません。両眼視が出来なくとも遠くと近くがきちんと見える遠近両用レンズを何十年と使っています。


DSC_0040 ある一定の年齢層の方は皆様ご存知だと思います。これが「遠近両用レンズ」二重焦点です。
遠⇔近との焦点の切り替えを可能にした「by focal」です。現在主流の遠近両用と言われているレンズは累進多焦点。度数の流れを作り、境目を無くして遠⇒中⇒近とマルチに焦点が合うようにした「multi focal」です。一般的には、遠近両用と言うと後者を指しますが実は全く違うものであり、単焦点で見ているのと同じ見え方の良さ、遠用レンズの中に近用レンズを小さくして埋め込んであるので、ハッキリと「遠」と「近」を自分の目で確認できる安全性、近用部以外は全て遠用なので広い視野である上に近用部の幅も25mm、28mm、45mmと選べ、累進多焦点の3倍~以上はるかに広い近用視野を確保できるレンズなのです。
このby focalレンズを長年使い続けている人は、multi focalレンズはまず使うことは出来ません。「見えない!」とおっしゃるはずです。日本画家 東京藝術大学学長 平山郁夫画伯も生前ずっとby focalレンズを愛用していました。


DSC_0040 DSC_0040
小玉幅25mm/28mm/45mm 遠と近が単焦点レンズの見え方
by focalレンズは、multi focalレンズが世に出るずっと前からある遠近両用レンズです。プラスチック製・ガラス製共に現在もあります。製作工程の中でも、小玉(老眼)を貼り付ける作業は一番の技術を要する難易度の高いレンズです。其れなりの製造技術を持っていない会社では作れません。近年、眼鏡業界にも様々な業態が出始め、中にはこういったby focalレンズを取り扱っていないところもあります。by focalレンズを使っている御客様の比率で申し上げれば、遠近両用装用者全体の2割位といった比率でしょうか。このようなレンズを見たこともない、加工したこともない眼鏡技術者も居るかと思います。装用者の比率が下がっているとは言え、無くなることのないレンズであるという事は、このレンズにしかない良さがあるからです。


目の完全矯正データ(遠)
R)光覚弁(光を感じることができる)
L)裸眼視力0.08

R)±0.00 ※矯正はできません。

L)sph-1.25D cyl-4.50D Ax100° 視力0.4

DSC_0040 ※右目、光覚弁とはこのように目に光をあて、光を感じとる事ができること。
目の完全矯正データ(近)
R)裸眼視力0.1未満(近見視力表)
L)裸眼視力0.1未満(近見視力表)

R)±0.00 ※矯正はできません。

L)sph+1.75D cyl-4.50D Ax100° 視力0.3

DSC_0040 ※左目で、なんとかこのくらいの文字まで読むことができるのですが、レンズの近用部の今見ている所より少しずれた所では見え方が変わってしまう遠近両用(累進多焦点)では、非常に見にくくなることでしょう。


眼鏡を作製(遠近両用 by focal)
R)±0.00                                ADD+3.00D
※矯正はできません。

L)sph-1.25D cyl-4.50D Ax100° ADD+3.00D
視力0.4

遠用のsph-1.25Dに、+3.00Dを加えると、+1.75Dとなって、近用の度数sph+1.75D cyl-4.50D Ax100°と、なります。
DSC_0040 右目は見えなくとも、両眼共にby focalレンズを使います。周囲の人からは右目が見えない事などわかりません。
DSC_0040 小玉(老眼)の境界線を下瞼の下に合わせます。境目は御自身からも見えるので、「この下が老眼だ」と容易にわかります。小玉(老眼)以外は全て遠用度数です。足が不自由であったり、高齢の場合は、このタイプの遠近両用が最も安全です。
境目なしの遠近両用は不向き
DSC_0040 見ているポイントから少し目線がずれると、文字が歪んでしまうため、視野が欠けていたり、両眼視が機能しない場合は、とても見にくい設計のレンズです。まだ現役でお経を読み、片眼なので「きちんと見える」ということが必須。同じ様な条件の人は、境目がある遠近両用by focalレンズがいいでしょう。