■近視(子供)

遺伝的要素と環境的要素

正視から「近視」へと変わる原因は、子供が親と顔かたち・背格好が似るように、眼の形も親に似る「遺伝的要素」と、近くを長く見る作業を続けていてピントを合わせるための筋肉を酷使することによる「環境的要素」が、一般的な近視の原因だと言われています。
近視

この時期からかける眼鏡は、遠視の治療用眼鏡とは異なり、生活をしやすくするための眼鏡です。

子供は視力が下がっても比較するものがないので、視力が悪いということに気が付いていないことがあります。0.3の視力でも「見えているの?」と聞くと、「見えているよ。」と答えることもあります。病院でその子に合わせたレンズをつけると「あー、よく見える!!」、はずすと、「全然見えない・・」と言います。正しい見え方と自分の見え方を比較して自分の悪い見え方に気づくのです。

年々、裸眼視力1.0未満の割合が増加傾向です!
お子さんの視力を把握していますか?子供の目は大人の目に比べると、視力低下の進行スピードが3倍以上早いと言われています。幼稚園や小学校で行われる年1~2回の視力検査に頼らず、家庭で視力低下のサインを見逃さないようにして下さい。
 

視力低下のサインには下記の例があります。
物を見る時に目を細める やたらに目をこすったりしている
テレビを近くで見ようとする 勉強する時、机に顔を近づける
物を見る時に顔を傾ける 片目を閉じて物を見ている

 

物を見る時に目を細める これはピンホール効果という現象を無意識に利用したもので、目を細めると網膜に入ってくる光を減らし、より鮮明に像を結ぼうとしているのです。このサインがでたら確実に視力は低下していますので早めに眼科を受診してください。
やたらに目をこすったりしている 視力が低下してくると、目に過剰な力が入り、その結果、目の周りの筋肉が疲れやすくなるので、違和感を覚えて目をこする傾向があります。
テレビを近くで見ようとする 興味のあるものを見る時など夢中になると、どんどんテレビや本などに近付いていってしまうものですが、頻繁に近付くようであれば視力の低下を疑ってみましょう。
勉強する時、机に顔を近づける 視力が悪くなっていると、自然と対象物に近付きます。常にある程度の距離をとるように気をつけておくと、このサインに気が付きやすくなります。
物を見る時に顔を傾ける 左右の目で視力差が生じていて、無意識に見やすい方の目に頼ってしまっている可能性があります。
片目を閉じて物を見ている 急激に左右の視力差が生じ、物を立体的に見ることが難しくなっている場合もあります。

                  

子供の眼鏡矯正について

視力検査の時に、「目を細めないで下さい!」と、言われる理由(裸眼視力について)



 

眼鏡が必要になる目安

眼鏡が必要になる目安は、両目の視力が0.7以下になった時。
低学年のうちは、黒板の字も大きいので0.4以下を目安にすればいいと思います。日常に支障がなければ授業中だけ眼鏡を使うようにすればいいでしょう。

眼鏡をかけたり外したりすることで近視が進むとか、眼鏡をかけると更に目が悪くなるということはありません。