小児『治療用眼鏡』保険適用


弱視、斜視等、治療用子供眼鏡の作製費用(最大で38,902円)給付される場合があります。

対象年齢

9歳未満の被扶養者
給付対象
弱視・斜視・先天性白内障術後等の治療に必要だと医師が判断し処方した眼鏡やコンタクトレンズの作成費用
※治療用ではなく一般的な視力矯正用の場合は対象にはなりません。
斜視の矯正用に用いるアイパッチ・フレネル膜プリズムも対象にはなりません。
給付額

【未就学児】
健康保険から8割給付 / 公費から2割給付

【小学生(9歳未満)】
健康保険から7割給付 / 公費から3割給付

購入金額 38902円が上限となります。

<例>
【眼鏡購入30000円の場合】※消費税は除きます。
30000円×0.7=21,000円(健康保険より給付)
30000円×0.3=  9,000円(公費より給付)
給付合計 30,000円

<例>
【眼鏡購入50000円の場合】※消費税は除きます。
38,902円×0.7=27,231円(健康保険より給付)
38,902円×0.3=11,671円(公費より給付)
給付合計 38,902円

更新について

【5歳未満】更新前の装着期間が1年以上あること
【5歳以上】更新前の装着期間が2年以上あること
申請方法

●眼科医による診断
●眼科医より必要書類の受け取り①「治療用眼鏡」の作成指示書
●眼鏡店で作成指示書に基づいた眼鏡を購入②お子様の名前が記入された領収書をもらう
●ご加入の保険より③療養費支給申請書を入手
●療養費支給申請書に記入し、補助金の受け取り
公費からの補助金(乳幼児医療費助成)について

公費(乳幼児医療など)の対象のお子様の場合、購入金額と給付額の差額分についても市町村から療養費の支給を受けることができます。
※各市町村により、対象年齢や所得制限の有無などが異なります。
※詳細は各自治体の子育て支援課等にお尋ね下さい。