■Middle age group 50歳代

newページ用

50代

watanabe

乱視性不同視 「遠近両用眼鏡」

50代女性

老眼年齢ではない場合、片眼の乱視が強いならば、片眼に乱視用コンタクトレンズを入れるのが一般的です。老眼年齢である場合は、手元も見えるようにしないといけませんので、眼鏡のように瞬時に外せない「コンタクトレンズ」そのものが、近くを見る事を邪魔してしまうことになります。そのため、眼鏡で過ごす事が望ましいでしょう。望ましいというより、簡潔に済むのです。
片眼に強い乱視がある「乱視性の不同視」ですが、良くない方の眼を見えるようにしてあげようとすればする程、物の大きさ、大きさというより「長さ」に狂いが生じます。レンズの縦方向(上下方向)に度数を入れる倒乱視(とうらんし)の眼なので、強く合わせる程に物が長細く見え、足元が浮いて自身の背が高くなったような見え方を起こすので、両眼で充分に装用可能な度数に留める必要があります。不同視眼は特に両眼装用テストを重視しなければなりません。
DSC_0040
角膜の横カーブがきつい。全ての線の太さ・濃さが均等に印刷されている乱視検査表を見ると、横方向の線が強調された見え方をする倒乱視(とうらんし)。乱視の度数は薄く見えている方向に入れて、全体を均一化させるのが乱視の矯正です。
DSC_0040
レンズの乱視軸度を縦方向に入れる倒乱視の乱視性不同視。強い乱視の眼を良く見えるようにすればするほど、左右の度数の差がどんどん広がっていく為、眼鏡装用が困難になります。軽い度数の右眼を主にして左眼の度は装用が可能な程度で留めます。


度数を決定

【遠方矯正視力】
裸眼視力0.3
R)sph±0.00D cyl-2.75D Ax75° 矯正視力1.2

裸眼視力0.6
L)sph-0.50D cyl-0.50D Ax100° 矯正視力1.2

【参考まで】
両眼が同じ視力となるように矯正された眼鏡をかけると、眼から入ってくる左右の映像がチグハグになるために脳で一つに処理出来ないので、強い違和感が発生します。度数が強い方の眼を合わせすぎた為に起こる症状なので、左右の差に注意しなければいけません。
■不同視(ふどうし) ■不等像視(ふとうぞうし)

不同視の分類は4つ
近視性不同視
(両眼ともに近視である)
遠視性不同視
(両眼ともに遠視である)
雑性不同視
(両眼の屈折状態の性質が異なる。一方が近視、一方が遠視など)
乱視性不同視
(片眼の乱視が強い)
順応できるレンズの左右差
小児 3.00D~4.00Dも可能
(順応性が高い)
成人 2.00Dまでが原則(個人差あり)
高齢の場合 1.00Dが理想
 

眼鏡処方

R)sph±0.00D cyl-1.50D Ax75° 視力0.7
ADD+2.00D

L)sph-0.50D cyl-0.25D Ax100° 視力1.0
ADD+2.00D

DSC_0040
遠近両用眼鏡

iwabuchi

白内障進行中の働き盛り世代。 「強弱に分けて眼鏡を持つ。」

50代男性

片眼が白内障なので、水晶体への光の入り方を広げて(拡散)、もっと眼の奥まで通すことで今よりも視力を出す事ができますが、限界があります。矯正しても視力が上がらないようになってくると手術を選択することとなります。白内障の片眼を今よりも良い視力にするためには、片眼のみ度数を上げて視力を出すことになりますから、右眼と左眼との差が生じてしまうため、そういった場合は「強い眼鏡」と「弱い眼鏡」とに分け、強い方を運転などに使用、弱い方をいつも使う眼鏡とするのが望ましく、白内障になったから即に手術ではなく、しばらくの間は眼鏡レンズの矯正で様子を見ていきます。
DSC_0040
眼鏡は、左右の度数の差を少なくしたレンズの方が装用しやすいので、白内障の影響がある眼は程ほどに合わせてあります。長時間使う普段用は強い眼鏡と度数を変えます。
DSC_0040
眼は片眼ずつの視力が向上すれば自ずと両眼での視力も向上します。白内障の影響があるのでめいっぱい合わせた「強い眼鏡」を普段使用するものとは別に持ちます。


度数を決定

【完全矯正】
R)sph-2.50D cyl-1.00D Ax180° 矯正視力0.6

L)sph-1.50D cyl-0.50D Ax180° 矯正視力1.0

【普段用に】
R)sph-1.25D cyl-1.00D Ax180° 視力0.4

L)sph-1.50D cyl-0.50D Ax180° 視力1.0

【参考まで】
白内障が進行してくると、文字や数字に影が見えるようになってくることもあります。こうなってくるとレンズで矯正しても視力の向上が望めなくなってくるので手術への準備が必要。

DSC_0040
  

眼鏡処方

【完全矯正→運転用に】
R)sph-2.50D cyl-1.00D Ax180° 

L)sph-1.50D cyl-0.50D Ax180° 

【普段用に】
R)sph-1.25D cyl-1.00D Ax180° 

L)sph-1.50D cyl-0.50D Ax180° 

DSC_0040
ブルーライトカットの常用眼鏡

motomiya

老眼分を差し引いた遠用度数で、「遠⇔近」両方見える。

50代男性

度数を強めて遠くを見えるようにすればするほど、中年期からは手元が辛くなります。これは若年期特有の調節力、眼の中で瞬時に行われるピント合わせが鈍くなるためです。では直ちに老眼鏡が必要かというと必ずしもそうではありません。遠方視力を少々犠牲にすることで手元が楽になります。老眼になっている分、つまり調節力が失われてきた分、遠くの度数を下げてあげれば手元が楽になります。眼鏡業界では「即、老眼鏡」「即、遠近両用」を進めるところもありますが、ある程度の強い近視の眼は、遠用眼鏡の作り方次第で「即、老眼鏡」「即、遠近両用」といった事項を先延ばしにすることができます。
DSC_0040
眼が持つ屈折力は60Dで、3分の2(40D)を角膜が担い、3分の1(20D)を水晶体が担っています。水晶体がない無水晶体眼の場合眼鏡レンズがそれに匹敵しなければなりません。免許更新のためにこのレンズを入れた眼鏡を持っていて普段用眼鏡は、度なしレンズ。
DSC_0040
近視が強ければ強いほど眼の奥行きが長く、眼軸が長いため外からの光が網膜まで到達せず、手前で焦点を結んでしまうので光を拡散させて眼の奥まで到達させることで視力も向上。レンズの強弱で視力の強弱を調整します。


度数を決定

【遠方矯正】
※これは、普段の装用は不可能なため免許更新用
R)sph+11.00D cyl-3.00D Ax30° 矯正視力1.0

L)sph-8.50D 矯正視力1.0

【普段用に】
R)±0.00(視力は合わせない)

L)sph-7.50D 視力0.6

【参考まで】
遠くを良く見える眼鏡にした場合、その度数に対して年齢別に設けた加入度を足さないと近くが見えません。45歳と55歳では+1.00D違いますが+1.00D加えた度数で日常を過ごせるなら、その眼鏡で近くも見えるので老眼、遠近両用は不要。近眼の人だけに通用。

年齢別加入度(addition) -個人差あり-
40歳~45歳 +1.00~+1.50
45歳~50歳 +1.50~+2.00
50歳~55歳 +2.00~+2.50
55歳~60歳 +2.50~+3.00
60歳以上 +3.00~
 

眼鏡処方

【日常用眼鏡】
R)±0.00(視力は合わせない)

L)sph-7.50D 視力0.6

DSC_0040
UVカラーガラスレンズ

ogiri

老眼鏡不要の近視眼でも、適度な視距離を保つために 「遠近両用眼鏡」

50代男性

眼鏡をはずせば裸眼で近くにピントが合っている近視。近視の度合いによって見やすい距離は異なります。近視が-3.00Dを超えると裸眼では対象物との距離も近くなるため、弱い凹レンズを用いて程よい距離で手元が見られるようにした遠近両用眼鏡を使うことで仕事がしやすくなるでしょう。近視眼は、度数が強くなる程に凹レンズを用いた近用度数が必要不可欠です。とても細かい文字等は、眼鏡をはずして物を顔に近付け裸眼で見ることができるので、裸眼そのものが「良く見える近用眼鏡」の役目を担います。
DSC_0040
近視は裸眼で近くが見えますが、ビジネスの商談中などで眼鏡を掛けたり外したりする事はとてもイメージが悪くなってしまうでしょう。そのため近視眼でも特に男性は遠近両用眼鏡を使っている人が多いです。上下に度数が変化し、遠→中→近とピントが合います。
DSC_0040
近視が強いと裸眼では対象物との距離が近くなります。自然な姿勢と適度な距離でピントが合うよう設けられた弱い近視の度数が、「近視の老眼」です。遠くに合わせた強い度数と、近くが適度な視距離になる度数をレンズの下部分に設けたレンズが遠近両用。


度数を決定

【遠方矯正視力】
裸眼視力0.05
R)sph-4.50D cyl-0.75D Ax15° 矯正視力1.0

裸眼視力0.06
L)sph-4.00D cyl-0.50D Ax180° 矯正視力1.0

【近方矯正視力】
裸眼視力0.1以下(眼前33cm検査距離)
眼前20cm位に近付けると裸眼視力0.8
R)sph-2.75D cyl-0.75D Ax15° 矯正視力0.8

裸眼視力0.1以下(眼前33cm検査距離)
眼前20cm位に近付けると裸眼視力0.8
L)sph-2.25D cyl-0.50D Ax180° 矯正視力0.8

【参考まで】
眼前33cm検査距離とは、眼科で近見視力を測定する距離。近視が強い場合、近見視力表をもっと顔に近付ければどんな小さな文字も見えますが検査の33cm距離では、ぼやけてほとんど判読できません。

DSC_0040
  

眼鏡処方

【遠近両用眼鏡】
R)sph-4.50D cyl-0.75D Ax15° 
ADD+1.75D

L)sph-4.00D cyl-0.50D Ax180°
ADD+1.75D

DSC_0040
遠近両用眼鏡

turuoka

手元が見えて、室内も歩ける 「近視眼の近用眼鏡」

50代女性

仕事などで、「40cmや50cmの距離が見えなければいけない」という状況でない場合、対象物を眼に近付ければ小さな文字も問題なく見えるので、中等度近視眼は、「眼」が、近用眼鏡の役目を果たします。いちばん困るのは、裸眼ではぼやけてしまう距離。この部分においては遠用眼鏡でも見にくいので、「40cmや50cm」の辺りにピントがあった度数を用いなければ見やすくなりません。遠く用の度数を下げてあげることで焦点が近くなりますので手を伸ばした辺りのところが見やすくなります。遠くの度数を弱くしたものなので、裸眼よりも周囲が見えるため、宅内ではそのまま近用眼鏡を掛けている人も多いのです。これは近視の眼にしか出来ないことです。
DSC_0040
ある程度、近視が強い眼は眼前20cm位で文字が読めます。遠く用の度を下げて近くにピント合わせをしたものが近用眼鏡なので、手元周囲も裸眼よりも見えるので室内歩きも可。これは近視の人だけができることです。
DSC_0040
1.「遠くが見える眼鏡で近くも見えていた。」2.「遠くが見える眼鏡では近くがはっきりしない。」「2」が近視眼の老化現象です。眼の中で水晶体の厚みを瞬時に変え、「遠」⇔「近」のピント合わせが出来なくなってきます。度数を下げた眼鏡が必要。


度数を決定

【遠方矯正視力】
裸眼視力0.07
R)sph-4.50D cyl-0.50D Ax10° 矯正視力1.0

裸眼視力0.07
L)sph-4.25D cyl-0.75D Ax120° 矯正視力1.0
※「近視は老眼にならない」と言われますが、この度数で細かい文字が読みにくくなることが「老眼になっている」ということ。

【近方矯正視力】
眼前33cm裸眼視力(0.1以下
眼前20cm裸眼視力(0.8
R)sph-2.75D cyl-0.50D Ax10°
 
眼前33cm裸眼視力(0.1以下)
眼前20cm裸眼視力(0.8)
L)sph-2.50D cyl-0.75D Ax120°

【参考まで】
中等度~の強い近視眼は、眼から離せば見えないが、近づければ何でも見えます。細かい物を見る眼鏡は不要で、仕事等で少し離れた距離を見る場合、専用の眼鏡が必要になります。

DSC_0040
【近用検査の距離】33cmでの見え方
DSC_0040
【裸眼で見やすい距離】20cmでの見え方
  

眼鏡処方

【遠用眼鏡】
R)sph-4.50D cyl-0.50D Ax10° 

L)sph-4.25D cyl-0.75D Ax120°

【近用眼鏡】
R)sph-2.75D cyl-0.50D Ax10°
 
L)sph-2.50D cyl-0.75D Ax120°

DSC_0040
遠用眼鏡
DSC_0040
近用眼鏡
DSC_0040
近用眼鏡

shimoguchi

ピントを戻してパソコンと読書の両方を可能に。 「遠視の中距離眼鏡」

50代女性

眼の老化に伴って柔軟であったピント調節力にも衰えが生じ、小さな文字が見づらくなると老眼鏡を必要とするのが一般的。手元の読書距離に丁度よく合わせるよりも少し曖昧な度数にして、手元~その先まで見える老眼鏡の方が使い勝手が良かったのですが、老眼の進行によってピントの合う位置も遠のいてしまいます。

「目安として3年」昔から言われているこの「3年」というのは、度数にして+0.75D ~ +1.00D分が3年で変化する事を意味します。始めて老眼鏡が必要になる頃の度数と同じでもあり、文字を見やすくするためにはあと「+0.75D ~ +1.00D」必要ですよということです。レンズの交換が必要になる頃の不足している度数と、老眼鏡の掛け始めの度数は、+0.75D ~ +1.00Dなのです。

DSC_0040
網膜の後ろ側で焦点が結像される遠視の眼。若い頃はその若さゆえ、柔軟に水晶体の厚みを変える事が出来て遠くも近くも良く見えて視力も良好。水晶体の厚みを自在に変える事が出来なくなると、視力の低下が起きてきます。
DSC_0040
読書とパソコンの両方が出来ていた度数にも変化が現れる年数が3年。眼の方の老眼が進行しているので今までと同じ度数ではパソコン画面の方へとピントが遠のいてしまいます。そうすると本が見づらくなるため、再び3年分の度数を追加しなければなりません。

度数を決定

裸眼視力0.7
R)sph+1.50D 矯正視力1.2

裸眼視力0.6
L)sph+1.75D 矯正視力1.2

■年齢別「調節力」と「近点」です。45歳を過ぎると文字を離さないと見えなくなるので、手元で読めるようにするため老眼鏡を要します。遠視・近視等の屈折異常があると近点は人によって異なります。
眼と近点

年齢 20歳 30歳 40歳 45歳
調節力 8D 7D 4D 3D
近点 12.5cm 14.3cm 25.0cm 33.3cm
年齢 50歳 55歳 60歳 70歳
調節力 2D 1.5D 1D 0.5D
近点 50.0cm 66.7cm 100cm 200cm
  

眼鏡処方

【優位眼(利き目)が右なので、左の度数を下げて右眼が見やすいように】
R)sph+2.75D

L)sph+2.75D

DSC_0040
読書とパソコンを兼用

harada

眼鏡は運転の時に使用、老眼鏡は不要。 「近視の基本形」

50代前半男性

時折、老眼の年齢だからという理由で遠近両用を持っている人がいますが、裸眼の見え方の方が眼鏡の見え方を上回ります。レンズを通して見るよりも御自身の眼で見る方が鮮明に見える事と、遠近両用レンズの老眼部分の度数は限りなく「0.00」に近いため裸眼で見ているのと同じ事なので、眼鏡を外してしまう人が多いです。基本的に近視眼は、「完全矯正した場合の度数」と「年齢の調節力」から、近点(はっきり物が見られる距離)を把握し、老眼鏡が必要か否かを判断します。
DSC_0040
sph-1.50Dの近視眼が裸眼で明視できる距離は66cmまで。基本的にはこの距離内の眼鏡装用は不要です。職業的に近距離が主な場合は別として、一般的に裸眼で不自由することがない人に対して、近用眼鏡を作ってしまうと、「見える範囲が固定されてしまう」「今まで見えていた所が見えない」等の不快感がでます。
DSC_0040
車の運転が昼夜問わず必要になる場合、免許の更新が出来れば良いという程度の眼鏡合わせではなく、それなりの視力を確保する必要があります。夜間では視力が一段階落ちる事。高速道路等で速度が速くなると視野も狭くなる事。それらを考慮しなければなりません。

度数を決定

【遠方の矯正】
裸眼視力0.4
R)sph-1.50D cyl-0.25D Ax90°
矯正視力1.2

裸眼視力0.4
L)sph-1.50D 
矯正視力1.2

【近方の矯正】
R)sph+0.50D cyl-0.25D Ax90°
矯正視力0.8

L)sph+0.50D
矯正視力0.8

普段は裸眼で過ごせる各眼0.4の視力、両眼で0.6は免許の更新と運転は眼鏡を要します。老眼の検査も正確に行なうと弱度の老眼が結果としては現われますが、本を少し離せば問題なく読めます。近用検査とは眼前33cmで行なうのでそんなに近くで本を読まない人は老眼鏡は不要。
 

眼鏡処方

眼鏡処方は「遠用眼鏡」
※UVカットのレンズを使う
R)sph-1.50D cyl-0.25D Ax90°

L)sph-1.50D 

DSC_0040 DSC_0040
            【裸眼で近くが見えるのは、】DSC_0040-1.50Dの近視があるということは、+1.50Dの眼鏡をかけているのと同じことなので、裸眼で近くが見えるのです。
■老眼の要否

 

年齢 10歳 20歳 30歳 40歳 45歳 50歳 55歳 60歳 70歳
調節力 12D 8D 7D 4D 3D 2D 1.5D 1D 0.5D
+1.50の眼鏡をかけているのと同じでありながら、50代前半が持っている調節力 +2.00Dを足して +3.50Dとして物を見る事ができるため、1m(100cm)で割ると100÷3.50=29cm位まで裸眼で見る事ができるので「老眼鏡」は不要ということになります。

asano

用途別に眼鏡を分ける。 「中等度遠視」

50代前半女性

完全矯正の値で、+4.00D程の遠視が存在する場合、その裸眼視力は近視の中等度-4.00Dと同様に、視力表の0.1を判別する事は困難で、近視眼であれば眼鏡を外せば手元は良く見えますが、屈折異常が「遠視」であるため裸眼でのピントは網膜上に結像されず、遠方・中間・近方の全ては凸レンズを用いて網膜上にピントを合わせなければなりません。同じ4.00D同士でも符号が(+)と(-)では全くの別世界となります。
DSC_0040
遠視眼の矯正は【集光】
DSC_0040
近視眼の矯正は【拡散】です。
調節力と近点

調節力が4D以下になると近距離が見にくくなると言われています。調節力は、年齢に密接に関係してきます。水晶体は年齢とともに弾力性が失われ硬くなるために、水晶体を薄くしたり厚くしたりすることが困難になるからです。調節力は子供が大きく、年齢とともに小さくなります。40歳~45歳を境に水晶体の弾力性はかなり失われて、近くを見る必要な調節が出来なくなります。調節力とは、近くの物にピントを合わせる機能。近点とは、ぼやけずに明視できる最も近い距離。

調節力(D)= 100÷近点(m)
(例)1 ÷ 0.25m(25cm)= 4Dの調節力
近点= 100÷ディオプター(D)
(例)
100 ÷ 4D = 25cmの近点
DSC_0040

調節力・近点について

年齢 10歳 20歳 30歳 40歳 45歳 50歳 55歳 60歳 70歳
調節力 12D 8D 7D 4D 3D 2D 1.5D 1D 0.5D
近点 8.3cm 12.5cm 14.3cm 25.0cm 33.3cm 50.0cm 66.7cm 100cm 200cm
近距離を見るための充分な調節力があります。(老眼鏡は不要の年齢)
不足する調節力分をレンズで補う必要があります。(45歳でも場合によっては+1.00D位のレンズが必要)
老眼鏡が不要の年齢で近距離が見にくい場合、検査の結果「遠視」が見つかることがほとんどです。近視の場合は近距離が見にくくなることはありません。その場合、遠用眼鏡(遠視)をかけることで近距離も見やすくなるので老眼鏡はまだ不要ということになります。


サングラスと近用を「単焦点」・遠近両用と中近両用を「多焦点」

一般に「サングラス」というと、度が付いていないカラーレンズを示しますが、普段の眼鏡には度が付いているのにサングラスは度が付いていないものをお使いになっている人もおります。こういった使い方は間違えで、特に遠視の眼は度数を付けてカラー染色したものを「サングラス」として使わないと眩しさ避けになりません。逆に、近視の場合は度数を付けないでカラーレンズだけでは更に裸眼視力は落ちてしまいます。度付きサングラスを使いましょう。

完全矯正度数と眼鏡

【完全矯正】
R)sph+2.75D 視力1.2
L)sph+3.75D 視力1.2
【運転で使う眼鏡は、単焦点 -調光レンズ- 】
R)sph+2.75D 視力1.2
L)sph+3.75D 視力1.2
【仕事用の眼鏡は、中近両用(多焦点)-Blue light cut- 】
R)sph+3.75D 視力0.5に抑え ADD+1.00D
L)sph+4.75D 視力0.5に抑え ADD+1.00D
【読書・パソコン用の眼鏡は、単焦点 -Blue light cut- 】
R)sph+4.75D 近見視力0.8 
L)sph+5.75D 近見視力0.8
   

眼鏡処方

※眼鏡処方は遠用単焦点(調光レンズ)
中近両用(多焦点)・近用(単焦点)は、bLUE light cut
DSC_0040
DSC_0040

muramatu

近視から正視を経て、現在は遠視。 「眼軸長の短縮による屈折度の変化」

50代女性

眼球の奥行き(長さ)のことを「眼軸長(がんじくちょう)」いいます。この眼軸長にも加齢に伴っての短縮が起こり、眼軸長の短縮によって外界から入ってくる光線が結像される位置も異なってきます。焦点の結像位置が変わると眼の度数にも変化が生じます。

【眼球の奥行きがあった近視】網膜の手前で焦点が結像されていました。遠くが見にくく手元は見やすい眼でした。
眼軸の短縮によって【網膜上に焦点が合う正視】に。この頃は以前より遠くが良く見える事を実感したでしょう。
眼軸の短縮によって現在は【網膜の後ろに焦点が合う遠視】に。焦点が網膜の後ろで結ぶため遠くがぼやけて見えます。このぼやけ方は近視の頃の遠くだけぼやけて見えた頃とは違い、近くもはっきりしないぼやけ方です。水晶体の弾力性が失われ、ピント調節がうまくいかない年齢になっている為、普段使う「遠用眼鏡」と文字を見るための「近用眼鏡」が必要になります。

眼軸長(がんじくちょう)の短縮
DSC_0040
DSC_0040
【若い人の遠視】遠視の焦点結像は網膜の後方ですが、若い頃は柔軟なピント調節機能によって一瞬のうちに網膜上に焦点を結像させてしまいます。そのため視力は良好であるが、絶えず調節を要する眼であり疲れやすいのが特徴です。
DSC_0040
加齢によりピント調節が柔軟に行なわれなくなる頃、遠視本来の焦点結像が表立ってきます。そのため裸眼視力も低下してくるので、以前よりぼやけて見えるようになります。網膜上に焦点を結像させるためには眼鏡を装用します。

度数を決定

【完全矯正-遠方-】
裸眼視力0.7
R)sph+1.00D cyl-1.00D Ax170° 
矯正視力1.2

裸眼視力0.7
L)sph+1.00D cyl-1.00D Ax10° 
矯正視力1.2

【完全矯正-近方-】
裸眼視力0.2
R)sph+2.75D cyl-1.00D Ax170° 
矯正視力0.8

裸眼視力0.2
L)sph+2.75D cyl-1.00D Ax10° 
矯正視力0.8

年齢別加入度 -個人差あり-
40歳~45歳 +1.00~+1.50
45歳~50歳 +1.50~+2.00
50歳~55歳 +2.00~+2.50
55歳~60歳 +2.50~+3.00
60歳以上 +3.00~

遠用の度数に+1.75を加えると正確な老眼鏡になります。手元で本が読める距離にするために、不足した調節力を補うための度数です。人により多少違います。

 

眼鏡処方

【遠用眼鏡】
R)sph+1.00D cyl-1.00D Ax170° 視力1.2

L)sph+1.00D cyl-1.00D Ax10°  視力1.2

【近用眼鏡】
R)sph+2.75D cyl-1.00D Ax170° 視力0.8

L)sph+2.75D cyl-1.00D Ax10°  視力0.8

DSC_0040 DSC_0040
遠用眼鏡 近用眼鏡
レンズの(特性)瞳の前(光学中心)から離れたところで見た場合の度数誤差(パワーエラー)が同じ感覚になるように、遠用眼鏡にはいつも使っている球面設計を使用します。

  球面レンズ 非球面レンズ
プラス度数 度が強くなる 度が弱くなる
マイナス度数 度が強くなる 度が弱くなる

takeuchi

遠近両用とは別にデスクワーク専用の眼鏡 「視距離は60cm」

50代後半男性

昔、裸眼視力がとても良かった人が老眼の進行に比例して起こってくるのが「遠視」の介入です。遠視が入ってきても裸眼視力が良好なうちは何とかなるのですが、運転免許の適正視力を下回ってくると不便を感じることが躊躇に表れます。遠視の度数を装用して目を楽にしてあげることが大切です。と、同時に遠視を装用することで小さな文字がきちんと見える強い老眼も問題なく使いこなせます。この時、遠視を装用していない人は適正な老眼鏡に目の方が順応することが出来ません。遠視は近視と違って、遠・中・近の全てに度数が必要な目です。
DSC_0040
DSC_0040

遠方と近方の完全矯正

【遠方の完全矯正】R)裸眼視力0.4
sph+1.50D cyl-0.25D AX150° 矯正視力1.2

L)裸眼視力0.2
sph+2.00D cyl-0.25D AX 60° 矯正視力1.2

【近方の完全矯正】
眼前33cmにて近見視力を検眼。※眼科では33cmという検査距離が定められています。R)裸眼視力0.1
矯正度数 sph+4.00D cyl-0.25D AX150°
■右遠方矯正度数のsphに+2.50D加入
矯正視力0.8。

L)裸眼視力0.1
矯正度数 sph+4.50D cyl-0.25D AX 60°
■左遠方矯正度数のsphに+2.50D加入
矯正視力0.8。

年齢別加入度 -個人差あり-
40歳~45歳 +1.00~+1.50
45歳~50歳 +1.50~+2.00
50歳~55歳 +2.00~+2.50
55歳~60歳 +2.50~+3.00
60歳以上 +3.00~

眼鏡処方

眼鏡処方は遠近両用眼鏡、単焦点眼鏡
「視距離60cm用」【遠近両用】
R)sph+1.50D cyl-0.25D AX150°
ADD+2.50
L)sph+2.00D cyl-0.25D AX 60°
ADD+2.50

【視距離60cmデスクワーク用】
R)sph+3.00D cyl-0.25D Ax150°
L)sph+3.50D cyl-0.25D Ax 60°

※!ポイント
目的の距離を鮮明に見たい場合、単焦点レンズに勝るものはありません。遠近両用レンズの構造上、黒目の前には「遠用度数」が位置します。そして一番下に「近用度数」です。「遠」を取り除き、「近」の明視距離を遠ざけて目的の距離に達したら決定します。眼前60cmにピントがいちばん合い、その手前は小文字以外はそれなりに御覧になれます。お客様は、事前に目的の距離を測ってから御来店いただきました。
DSC_0040 DSC_0040

asano kondou

DSC_0040  黄斑上膜切除・人口水晶体眼

50代、70代男性

網膜の中でも視力に関わる最も大事な場所が黄斑と呼ばれる部分です。黄斑上膜とはこの黄斑の上にセロファンみたいな膜ができることをいいます。膜越しに物を見ることになるので視力が低下します。また、この膜が収縮することによって、網膜を引っ張り、しわをつくることがあり、物がゆがんで見えたりする場合もあります。黄斑上膜は薬や眼鏡では治すことはできないので、手術によって膜を除去します。
DSC_0040
加齢によって眼の大部分を占める硝子体に変性が起こり、硝子体が網膜から離れていくのですが、この時に黄斑部に硝子体の一部が残ってしまうことがあり、これが分厚くなって黄斑上膜となると考えられています。膜が張るため、すっきりしない感じになります。
DSC_0040
視力低下・ゆがみ等の自覚的症状が強くなった時に手術を行います。手術後の合併症として一番多いのは白内障です。そのため黄斑上膜の手術と同時に白内障の手術、又は白内障でなくとも人口の水晶体(眼内レンズ)に置き換えてしまうのが一般的です。

度数を決定

【50代男性 右眼人口水晶体】

R)sph-2.25D 
矯正視力0.6

L)sph-8.00D
矯正視力0.8

【70代男性 両眼人口水晶体】

R)sph±0.00D cyl-1.50D Ax90° 
矯正視力1.0

L)sph+0.50D cyl-1.50D Ax80° 
矯正視力1.0

 

眼鏡処方

【50代男性 利き目を逆に】

R)sph-2.25D 視力0.6

L)sph-8.00D 視力0.8

【70代男性 二種免許の取得】

R)sph±0.00D cyl-1.50D Ax90° 視力1.0

L)sph+0.50D cyl-1.50D Ax80° 視力1.0

DSC_0040 DSC_0040
【70代男性】左右の差がないように視力をあわせてあります。深視力検査に対応。 【50代男性】利き目の右眼に黄斑上膜。そのため今後は左眼を利き目として眼鏡を装用。

pick up 50代患者

DSC_0040コンタクトレンズを主に使っている人が眼鏡を作る時は、コンタクトを基に眼鏡度数を考える。

DSC_0040
左右差のある眼は、眼鏡よりもコンタクトの方が使用感に優れ、眼鏡では右眼・左眼で物体の大きさが変わって見えてしまう事がありますが、コンタクトでは何等違和感を感じません。左右差2.00D以内にまとめ右眼1.2、左眼1.0(※利き目は右なので右を優位に)
DSC_0040
不同視で利き目が度の強い方の眼だった場合、左右差の定義【±2.00D】以上になっても利き目の方を見やすく作ることが必要です。普段かけて外出できる眼鏡を希望ですが限りなくコンタクトの度数より1割UPに留めておきます。(※右0.8、左0.7、右を優位眼に)
出張先眼科にて、患者さんのコンタクト及び眼鏡を処方しました。理想として、コンタクトのデータがある所で眼鏡も処方する事が望ましいです。両者は別々のようで別々ではありません。眼鏡処方内容

pick up 中等度近視 動画

DSC_0040強い近視とレンズの関係性


眼鏡とコンタクトレンズを頻繁に交代させながら使う「弱い近視」の人は、双方を同じ視力で合わせている場合も多く、違和感も何等感じていないことと思いますが、強度の近視の場合は違います。
基本的には、コンタクトレンズ装用者は中等度以上(裸眼0.1以下)が多く、度数が強い近視の場合、眼鏡を作るにあたってはコンタクトレンズと同じ視力は求めない方がいいでしょう。度数を強めれば強めるほど、レンズの周囲が狭くなって行き、対象物が小さく遠く見えて使いにくい眼鏡となってしまうことを懸念してのことです。度数を弱めるほど、この現象も弱まります。

DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040
文字が書いてあります。この文字を目に例えます。 レンズがピタリと目に付いています。コンタクトレンズは、この状態にあります。レンズあり、レンズなし共に文字の大きさに変化はありません。 目とレンズの間に隙間を持たせた結果です。目とレンズの間に隙間が生じます。これが眼鏡です。度数が強くなる程、この作用も大きくなります。 動画にて