■High age group 70歳代

70代

ishuhara

片眼白内障手術後 「中近用眼鏡」

70代女性

片眼が生来の水晶体で片眼が人口の水晶体である場合、人によりけりですが「各眼での色合いが変わって見える」ということもあります。それよりも眼鏡において難しいのが片眼は今までの屈折異常があり、片眼は殆ど矯正される度数がない。といった左右差が術後に発生することです。高齢になるほどに左右の差がある眼鏡は装用しにくいもので、極力両眼の差を縮めた度数を処方することが望ましく理想は左右差1.00D。
白内障の手術をする年代でも現役で働いている人は多く、事務系職業によっては「中間距離」を見ている時間が一日の中で一番多くなることとなります。眼科で行う遠方矯正視力とは5mで矯正され、それ以上の距離を見やすくするもの。対して近方矯正視力とはリーディンググラスです。5mよりも近い所に焦点を合わせて手元よりも少し先に焦点を合わせることで、中間距離用の中近両用眼鏡が出来上がります。
DSC_0040
目的とするピント合わせの範囲は、「デスク周り及びパソコン」。こういった眼鏡の場合は遠くにも、または読書の距離にもピントは合わせず、中間距離を主体とした度数になります。
DSC_0040
凸レンズで表される遠視は、5mで矯正される遠方矯正のその度数を増やす事で弱い視力となり中間にピントが合い、老眼に用いる度数はその度数を減らす事でその先にピントが合います。


度数を決定

【遠方矯正視力】
裸眼視力1.0(IOL)
R)sph+0.50D cyl-0.50D Ax160° 矯正視力1.2

裸眼視力0.8
L)sph+1.50D cyl-0.50D Ax80° 矯正視力1.2

【近方矯正視力 焦点合わせ50㎝】
R)sph+2.50D cyl-0.50D Ax160°

L)sph+3.50D cyl-0.50D Ax80° 

【参考まで】
十字乱視(クロス乱視)一方の眼の乱視軸度が180°に近い水平方向、一方の眼の乱視軸度が90°に近い垂直方向になっている眼を十字乱視と言います。通常の眼鏡処方では、一方が水平で一方が垂直のままでの乱視合わせをした眼鏡は装用が出来ません。利き目の方の乱視軸度を選択し、利き目ではない方の眼は乱視を外すことが望ましいとされています。  白内障手術後の人口水晶体眼においては、通常の眼鏡理論とは異なることが多く、装用困難とされる斜乱視、十字乱視のままでも眼鏡装用が可能の人が圧倒的に多いです。     

また、術前は水晶体の歪みである(水晶体乱視)と角膜の歪みである(角膜乱視)が双方打消しあって乱視がなかった眼も、乱視無しの人口水晶体に入れ替わることで元来の角膜の歪みが表立ち、乱視が現れることもあります。

DSC_0040
DSC_0040
 

眼鏡処方

【中間度数】
R)sph+1.50D cyl-0.50D Ax160°

L)sph+2.50D cyl-0.50D Ax80° 

【近方矯正視力 焦点合わせ50㎝】
R)sph+2.50D cyl-0.50D Ax160°

L)sph+3.50D cyl-0.50D Ax80° 

【2つの度数を1枚のレンズに処方】
R)sph+1.50D cyl-0.50D Ax160°
ADD+1.00

L)sph+2.50D cyl-0.50D Ax80° 
ADD+1.00

DSC_0040
職場用中近眼鏡(ブルーライトカット)
DSC_0040
自宅用中近眼鏡

takagi

手術後は、白内障になる前の眼に 「白内障手術後の近用眼鏡」

70代女性

白内障の手術とは、白濁した水晶体を透明な人口の水晶体に取替えることです。と同時に人口水晶体にはそれぞれの度数が設けられており、眼の屈折度数も調整が可能。極端に言えば、「術前は視力が良かった遠視系の眼を術後は近視の眼に」することも可能で、またはその逆も出来ます。ですが、術後は白内障になる前や老化による眼の変化が起こる前の頃の眼に戻している事が多く見られます。元々、遠くが見えていた眼は術後は遠くが見える眼に。または術前は強度の近視眼だった眼は、軽度だった頃の近視眼に。不同視眼が加齢変化で左右のバランスが変わってきた眼は、手術によって昔の便利だった不同視眼に。といった手術による屈折度数の調整を行っていることが多く見られます。これについては、患者さんの生活が再びスムーズに戻るよう配慮しているものと思います。
DSC_0040
手術後は左右の差が2.00Dある眼で右眼が近視。近視なので遠くはぼやけますが近くが見えます。左眼は、ほぼ正視眼で遠くが見える眼。遠くが見える眼なので近くはぼやけます。白内障になる前と同じ屈折状態。
DSC_0040
日常の生活上、限りなく老眼鏡は不要で、それは右眼で手元が見えるから。視力差がある人はそれぞれの役割が違う眼を上手に使いこなしています。集中して書き物等をする場合のみ老眼鏡を使用。※両眼視目的


度数を決定

【遠方矯正視力】
裸眼視力0.3
R)sph-1.50D 矯正視力1.2

裸眼視力0.8
L)sph+0.50D 矯正視力1.2
※眼鏡レンズで矯正すると両眼共に良好な視力となりますが、かえってそれでは本人は生活しにくいでしょう。矯正してしまうことで近くが見える右眼の役割を奪ってしまうからです。

【近方矯正視力】
裸眼視力0.6
R)sph+0.50D  

裸眼視力0.1
L)sph+1.50D

【参考まで】

DSC_0040
特有な眼鏡処方です。
 

眼鏡処方

【近用眼鏡】
R)sph+0.50D  

L)sph+1.50D

DSC_0040
遠用眼鏡は、度なし短波長カットレンズ
DSC_0040
近用眼鏡

yamabe

片眼光覚(-) 「色・厚み バランス合わせの眼鏡」

70代女性

裸眼で、視力検査表のいちばん上が見えた場合、その視力は0.1。度数が強い眼であれば裸眼が0.1以下の視力という人は大勢います。その場合、5メートル先から0.1の指標を手に持って50cmずつ近づいて来て、指標が判別できた位置で裸眼視力が決定します。例として、眼から2mのところで指標がわかれば0.04という視力。

0.01以下の視力測定順序
1.指数弁(しすうべん)眼前30cmや20cmのところで指の本数がわかるかどうか。わからなかった場合は次の検査へ、
2.手動弁(しゅどうべん)眼前30cmや20cmのところで手が動いているのがわかるかどうか。わからなかった場合は、
3.光覚弁(こうかくべん)(+)(-)ペンライトの光を感じることができるかどうか。光を感じる(+)ことができれば失明ではなく、光を感じることができない(-)ことで失明となります。

DSC_0040
0.01以下の視力測定は、以下のようにあらわします。
n.d(numerus digitornm)指数弁 →30cm/n.d
m.m(motus manus)手動弁 →30cm/m.m
s.l(sensus luminis)光覚弁 → s.l(+)、s.l(-)
DSC_0040
片眼をカバーするため、眼鏡店にある通常のカラー見本では対応が難しく、お客様のレンズはいつも特別な色を作って「見本染色」いたします。色の濃い部分を使い、左右のレンズ厚みも揃えてサングラス調に。


度数を決定

s.l(-)
R)sph+3.00(バランスとして)
Add+3.00
裸眼視力0.2
L)sph+3.50D cyl-1.50D Ax90 矯正視力1.0
Add+3.00
【参考まで】

R)sph+3.00(バランスとして)
右眼は矯正不能ですが、±0.00のレンズを入れてしまう事が多々あります。そうすると眼鏡として出来上がった時、外観上好ましくありません。左眼にsph+3.50D cyl-1.50D Ax90の度数があり、右眼を±0.00にしてしまうと、左が厚いのに右がぺったんこの眼鏡になってしまうので、おおよその度数を右眼にも入れます。
  

眼鏡処方

R)sph+3.00(バランスとして)
Add+3.00

L)sph+3.50D cyl-1.50D Ax90 矯正視力1.0
Add+3.00

DSC_0040

kumai

術前の乱視は、術後なくなることもある。 「白内障手術後」

70代女性

「乱視」は光が通過する眼の表面側である「角膜」の歪みと、眼の中側にある「水晶体」の歪みとで成り立っています。乱視のない人口水晶体を入れることで眼の中側にある「水晶体」の歪みの問題は消滅し、眼の表面側である「角膜」の歪みが残りますが、その人の乱視の比率が主に水晶体だった場合は微量の角膜乱視が残るか否かという状態になります(術後)。また、術後に弱度の乱視があっても眼鏡レンズには乱視を入れない場合がほとんど。

遠くが見えるよう、遠方に眼のピントを合わせた場合は近用眼鏡が必要になりますが、術前から遠近や中近等の両用レンズに慣れている方はピントの合う範囲が広いレンズに眼も慣れています。急に単焦点の老眼鏡に切り替えると、突然視野が狭くなり、今までと勝手が違うと感じるでしょう。

DSC_0040
光が角膜から入り水晶体を経て網膜に到達して行く過程で光の屈折に異常があれば屈折異常(遠視・近視・乱視)の矯正をおこないます。術前の眼と術後の眼が大幅に変われば、眼鏡の合わせ方も大幅に変わります。手術前の眼鏡は、手術後は合わなくなります。
DSC_0040
左は近用眼鏡(老眼鏡)のピントが合う距離。右は老眼鏡とその先までピントが合うようになっているレンズ。術前からパソコン等でも眼鏡を使っていたので、極端にレンズの仕様は変えません。近用眼鏡とは眼前から33cmでピントが合い、その先はぼやけます。


度数を決定

R)裸眼視力0.8
sph+0.75D 矯正視力1.2

L)裸眼視力1.2
n.c

【参考まで】

※non corrigunt(n.c)
どのレンズを用いても矯正できる良好な度数は見当たらない。ご自身の眼がいちばん見やすいという意味です。
  

眼鏡処方

近用ワイドレンズ
R)sph+3.75D Add-1.50D

L)sph+3.00D Add-1.50D

二段構造になります。

【右眼】
sph+2.25D(焦点距離67cm)
sph+3.75D(焦点距離33cm)
【左眼】
sph+1.50D(焦点距離67cm)
sph+3.00D(焦点距離33cm)

DSC_0040
DSC_0040

y.sakamoto

「近視・乱視」 外出用の眼鏡と、英会話用の老眼鏡。

70代女性

運転免許がぎりぎり合格するくらいの弱い近視がある眼は、遠くの景色は見づらいですが普通の生活面では困りません。近視があれば大抵の文字も裸眼で読めます。遠くも近くも裸眼で見えるのが弱い近視眼の特徴です。近視だけの眼であれば眼鏡を使わない人も多いでしょう。しかし、ここに「乱視」が加わり「近視性乱視」という眼になると使う頻度は多くなくとも眼鏡を持つ必要があります。強い近視ではないので裸眼視力はある程度良好、眼鏡をかけた時も視力が一気に上がるような眼鏡ではありません。文字も裸眼である程度見える眼なので老眼鏡をかけても見え方が一変するような眼鏡ではありません。1.00D以上の乱視がある眼は「乱視の補正」をして乱視の矯正眼鏡を使うことで、乱れた焦点から送られてくる映像が補正され、眼の疲労や頭が痛くなるのを防ぐ効果があります。
DSC_0040
乱視軸度が90°になる眼
角膜のカーブが均一ではないのが乱視の眼。大きな対象物に対しての影響は少ないですが込み入ったものや、縦線と横線があるものに対しては一方の方向と、その逆の方向との見え方が異なります。
DSC_0040
乱視の眼の特徴が顕著に現れる
大きい指標は問題ないが、指標が小さくなると0.6が見づらいのに0.7、0.8に見やすい方向があると答えられてしまうというバラついた見え方をするため、正確な視力を定めづらいのも乱視の眼の特徴です。


度数を決定

【遠用の矯正度数】
裸眼視力0.6
R)sph-0.75D cyl-1.25D Ax90° 矯正視力0.9

裸眼視力0.8
L)sph-1.00D cyl-1.25D Ax90° 矯正視力0.9

 
【参考まで】

  平均
裸眼視力
平均
矯正視力
平均
白内障術後視力
60~69歳 片眼0.51
両眼0.7
片眼0.75
両眼1.0
片眼0.98
両眼1.2
70~79歳 片眼0.39
両眼0.6
片眼0.75
両眼1.0
片眼0.92
両眼1.2
80~89歳 片眼0.31
両眼0.4
片眼0.42
両眼0.6
片眼0.90
両眼1.0
90歳以上 片眼0.26
両眼0.3
片眼0.33
両眼0.5
片眼0.77
両眼0.8

■高齢になると視力は低下します。誰でも皆が1.2や1.5の視力が出るわけではありません。眼疾患等の有無によっても変わりますが、平均的な裸眼の視力、レンズで矯正された視力、白内障を手術すると得られる視力。(※白内障手術で遠くが見やすいよう、遠方合わせにした場合です。)
■普通運転免許の視力が両眼で0.7以上ですので、高齢になると多くの人が免許証の更新のためには眼鏡が必要になることが多いです。

 

眼鏡処方

【遠用眼鏡】
R)sph-0.75D cyl-1.25D Ax90° 矯正視力0.9

L)sph-1.00D cyl-1.25D Ax90° 矯正視力0.9

【近用眼鏡】
R)sph+1.25D cyl-1.25D Ax90° 矯正視力0.6

L)sph+1.25D cyl-1.25D Ax90° 矯正視力0.6

DSC_0040
遠用眼鏡
DSC_0040
近用眼鏡

gotou

白内障手術前の眼鏡。 「中等度近視」

70代男性

白濁していない水晶体は透明で鮮明な映像を網膜まで届けますが、白濁によって水晶体の透明性が失われてくると鮮明な映像を網膜に届けにくくなります。白内障を発症したからといっても眼鏡矯正でそこそこの視力が確保できるうちは即手術というわけではなく、仕事も現役から離れた年齢であればなるべく眼鏡の方を調整したいという要望が多いのも実情です。個人差もありますが、例として0.8という視力が確保できていれば、生活する上での支障も少なく、度数を変えれば新聞等も問題なく読めるので、眼鏡の矯正でしばらく様子を見ていきます。

近眼は老眼の年齢になっても眼鏡をはずせば文字が見えるので、老眼鏡は不要という人も多いのですが、それはあくまでも近視の度合いの問題で、近視が弱い眼(弱度)と、近視がある程度強い眼(中等度)と、近視が非常に強い眼(強度)とでは裸眼ではっきり見える距離が異なりますので、近眼であっても眼が持っている近視の度合いよっては老眼鏡が必要になります。

DSC_0040
一つの目安として水晶体の中心部から白濁してくると眼の度数が近視化、周辺部から白濁してくると遠視化してくるという特徴があります。眼の矯正度数が水晶体の白濁具合によって度数が増したり減ったりすることです。
DSC_0040
度が強い人が眼鏡をはずして文字を読む場合、顔を近づけないとなりません。学生の頃に眼鏡を使い始めて以来、現在は度が強いですが「昔使っていた眼鏡の度数」が今は丁度よく手元に合って、近視の強い人の近用眼鏡となります。

度数を決定

【遠用の矯正度数】
裸眼視力0.05
R)sph-5.50D cyl-0.75D Ax90°   矯正視力0.8

裸眼視力0.05
L)sph-5.50D cyl-0.75D Ax120° 矯正視力0.5

※「眼が持つ度数」= 眼の実際の度数です。
「焦点距離」= 裸眼でピントが合う距離。乱視(cyl)の半分のパワーを近視(sph)側に足したsph-5.87Dが眼が持つ度数。こちらのお客様は、眼前約17cmで文字にピントが合うため、近眼であっても老眼鏡を要します。

眼が持つ度数 焦点距離
-1.00D 100cm
-1.50D 66.5cm
-2.00D 50cm
-2.50D 40cm
-3.00D 33cm
-3.50D 28.5cm
-4.00D 25cm
-4.50D 22cm
-5.00D 20cm
-5.50D 18cm
-6.00D 16.5cm
-6.50D 15cm
-7.00D 14cm
-7.50D 13cm
-8.00D 12.5cm
-8.50D 12cm
-9.00D 11cm
-9.50D 10.5cm
-10.00D 10cm
  

眼鏡処方

【遠近両用眼鏡】
R)sph-5.50D cyl-0.75D Ax90°
ADD+2.75

L)sph-5.50D cyl-0.75D Ax120°
ADD+2.75

【近用部分の度数】
R)sph-2.75D cyl-0.75D Ax90°

L)sph-2.75D cyl-0.75D Ax120°
この度数を用いることで、適度な距離で対象物を読むことができるのです。

DSC_0040
DSC_0040

kobayashi

白内障手術後の矯正眼鏡 「手術により不同視ではなくなる」

70代前半女性

白内障の手術をする前は、右眼)強度近視、左眼)中等度近視、左右の差が4.00Dの不同視でした。両眼を同じ見え方に矯正することは困難で、そのようにしてしまうと、物が二重に見える「不等像」が起き、眼鏡装用はできません。裸眼の視力は、右眼)0.03 左眼)0.06。裸眼視力が0.1以下の場合、測定方法は5メートル先にある視力検査表の0.1と同じ指標を持ち、50cmずつ近づいて来て判別可能となったところ。右眼)は眼から1m50cm先、左眼)は眼から3m先です。裸眼視力が0.1以上ある人は視力検査表を上から読みますが、近視が強いと0.1以下の裸眼視力は普通で、その測り方も決まっています。
DSC_0040
検者(検査する人)、被検者(患者)とで行なう
【自覚的屈折検査】
DSC_0040
屈折度数測定機器を用いる。
【他覚的屈折検査】

完全矯正度数

【術前】
R)裸眼視力0.03
sph-8.25D cyl-0.50D Ax60° 
矯正視力1.0

L)裸眼視力0.06
sph-4.25D cyl-0.50D Ax50° 
矯正視力1.0

【術後】
R)裸眼視力0.5
sph-1.50D
矯正視力1.2

L)裸眼視力0.9
sph±0.00D cyl-1.00D Ax50° 
矯正視力1.2

術後は今までの左右差4.00Dという大きな左右の差はなくなり、 左)sph±0.00D cyl-1.00D Ax50°(乱視cyl)を近視(sph)に直すとsph-0.50D。※目安として(乱視cyl)の半分が(近視sph)のパワー。
R)sph-1.50D
L)sph-0.50D
このような左右差1.00Dの眼に変わっています。

DSC_0040
現在は、終日眼鏡を手放せなかった頃とは違い、普段は裸眼で生活することが可能。
 

眼鏡処方

眼鏡処方は、近用眼鏡 – 視距離45cmで作成 –

R)sph+0.75D 
視力0.7

L)sph+2.25D cyl-0.50D Ax50° 
視力0.7

DSC_0040
手術後、左右の差が少なくなったことで、レンズの厚みも薄くなり、右眼と左眼をきちんと合わせても問題なく眼鏡を装用できるようになりました。
DSC_0040
!ポイント
一般に近用眼鏡(老眼鏡)は検査上、ピントが合う距離は眼前33cmに焦点が合うようになりますが、老眼鏡の使い方は人それぞれであり、日頃から50cm位離して本を読む人もいれば、体の大きな男性と、体の小さな女性では「手元の距離」も異なります。老眼鏡は、いつも慣れている距離に合わせて作ることができます。

sugiyama

プリズム内方(外斜視)「遠近両用とは別に単焦点の老眼鏡」

70代男性

ボーッとしている時、右(左)目は正面を向いているのに、右(左)目は正面より外側を向くようなら、斜視の一種、「間欠性外斜視」の可能性が高く、もともと斜視はあっても、眼球についている筋肉で目の位置を調整しているので、最初は目立ちません。ところが、少しずつ調整がうまくいかなくなり、片方の目の向きがずれていきます。
近年では成人以降に突然斜視が現れるという現象が増えて問題になっています。大人の突然の斜視(後天的な斜視)は、ほぼ筋肉の障害に起因するものとされており、目の疲れ・眼精疲労が原因となっているという見方が有力です。
近くだけを見る時は、日常使っている遠近両用眼鏡とは別に「単焦点レンズの近用眼鏡」を持つことでレンズ全体で近くを見ることが出来るので重宝します。

内直筋
(ないちょくきん)
内直筋(ないちょくきん)は眼球を鼻側に向ける筋肉で、近くを見るために眼を内側に寄せる時に活躍する筋肉です。
外直筋
(がいちょくきん)
外直筋は眼球を耳側に向ける筋肉で、内直筋と共同作業をし、眼球水平運動に関与します。
上直筋
(じょうちょくきん)
上直筋・下直筋ともに、眼を上下に向ける時に作用します。眼球に対して斜めに付着しているため、その動きは少々複雑です。【上直筋の主な働き】は、眼球を挙上する。眼球を内転する。眼球を内旋する。上直筋は、ただ単に眼球を上方に向けるだけではなく、瞳を内転(内向き)にする傾向があります。このとき下直筋も一緒に働きます。
下直筋
(かちょくきん)

【下直筋の主な働き】は、眼球を下制する。眼球を内旋する。眼球を内転する。ただ単に眼球を下制するのではなく、結果として、内向きに働きます。このとき一緒に上直筋が働きます。
上斜筋
(じょうしゃきん)
上斜筋は内方回旋作用のほか、下転および外転作用があります。
下斜筋
(かしゃきん)
下斜筋は外方回旋作用のほか、上転および外転作用があります。
DSC_0040
眼球には眼を動かすための6つの筋肉が付着していて、これを「外眼筋(がいがんきん)」と言います。このうち、 目を外側に向ける筋肉(外直筋)の働きが強すぎる。あるいは内側に向ける筋肉(内直筋)の働きが弱すぎると外斜視になります。
DSC_0040
右または左眼は正面を向いているのに、右または左眼は正面より外側を向くため視線のズレが起こり対象物が2つに見えてしまう。レンズの作用で対象物が1つとなって見えるよう、内側へと視線を曲げるプリズム加工をおこないます。

度数を決定

【完全矯正-近方-】
R)sph+4.50D cyl-1.25D Ax110° 
2.5プリズム内方
矯正視力0.6

L)sph+4.75D cyl-1.25D Ax90° 
2.5プリズム内方
矯正視力0.6

DSC_0040
DSC_0040
三角形の形になっているレンズの厚い部分が内側へ、薄い部分が外側になるように枠入れされます。同じような度数のプリズム加工されていないレンズと比較して下さい。
 

眼鏡処方

【近用眼鏡】
R)sph+4.50D cyl-1.25D Ax110° 
2.5プリズム内方

L)sph+4.75D cyl-1.25D Ax90° 
2.5プリズム内方

DSC_0040
DSC_0040
逆の人もいます。内斜視の
矯正で「プリズム外方」

tanaka

眼鏡がはずせない眼にとって、レンズは身体の一部です。単焦点・多焦点を使い分ける。 「遠視」

70代前半女性

遠近両用として1枚のレンズの中に「遠視の凸度数」と「老眼の凸度数」を組み合わせると、上から下に向かう過程で度数が増して行く構造上、激しい像の変化が生じて特に老眼部分は強い凸度数特有の「視野の狭さ」を感じるでしょう。
遠視眼で若い頃から遠近両用レンズを使い慣れている人も、別途に「老眼鏡」を持っている人が多いのは単焦点レンズの広範囲視野性にはどんなに優れた遠近両用レンズでも劣ってしまうからです。
そして、特に遠近両用レンズで具合の悪さを感じやすいのが「遠視」の人に偏っているのは、この「遠視の凸度数」と「老眼の凸度数」による凸度数同士の組み合わせ。
DSC_0040
そもそもの始まりが「利便性」であるがゆえ、レンズ内に「遠・中・近」全ての度数を入れてしまえばおのずとそれぞれの範囲は狭くなります。
DSC_0040
大事な書類や、座って本を読む時はレンズの一面が老眼の度数になっている単焦点レンズの方が視野も広くはっきり見えます。
DSC_0040
【スポーツには不向き】遠近両用レンズ自体の設計上、見る部分で物体の大きさ、形が変わってしまうため、特に「球技」には不向きです。スポーツは単焦点
DSC_0040
【老眼が増すに連れ、視野も狭くなる】年齢と比例して老眼が強まると同時に、はっきり見える範囲も狭くなっていくという特徴があります。 加入度と視野

度数を決定

【完全矯正】
裸眼視力0.2
R)sph+2.75  cyl-1.25D Ax110° 
ADD+2.50
矯正視力1.2

裸眼視力0.1
L)sph+3.25  cyl-1.50D Ax90° 
ADD+2.50
矯正視力1.2

中等度の遠視というは、視力の良い人が老眼鏡として使うような度数が遠方度数となります。そうすると老眼の度数は更に強くなるため、使用するレンズは特に注意しなければ具合の悪い遠近両用になる可能性が極めて高くなります。
  

眼鏡処方

R)sph+2.75  cyl-1.25D Ax110° 
ADD+2.50
矯正視力1.2

L)sph+3.25  cyl-1.50D Ax90° 
ADD+2.50
矯正視力1.2

DSC_0040
使用するレンズは最も視野が広いnikon AI

yakuwa

老眼とパソコン兼用。「遠視」

70代前半男性

近視のように、「裸眼=近いところは見える」というわけにはいかず、 ある程度、度数が強くなった遠視の目というのは裸眼状態で「遠」「中」「近」のどこにも焦点が合いません。この眼鏡は〇〇専用、この眼鏡は〇〇専用というようにどうしても眼鏡の本数は近視の人よりも多くなっていきます。近年のパソコン使用率にあわせて、老眼鏡(単独)だけ持つよりも「読書とパソコン画面」両方見られるようにする人も多いのです。

Type-A 老眼鏡+奥行き67cm

DSC_0040
DSC_0040

度数を決定

【遠】⇒焦点は、5m以上
R)sph+2.25D cyl-1.75D Ax75°
L)sph+2.25D cyl-1.50D Ax90°
【近】⇒焦点は、手元40cm
R)sph+5.25D cyl-1.75D Ax75°
L)sph+5.25D cyl-1.50D Ax90°
【-1.00D引く】⇒焦点は、67cm先
R)sph+4.25D cyl-1.75D Ax75°
L)sph+4.25D cyl-1.50D Ax90°

眼鏡処方

眼鏡処方は「奥行きを持たせた近用眼鏡」
※nikon ソルテスFP-Ⅰを使う。
※コーティングはブルーライトカットを使う。
※遠視が強いと近用度数も強くなるので、薄型加工をする。
処方はこのように、近用度数とマイナスの加入度になります。
R)sph+5.25D cyl-1.75D Ax75° ADD-1.00
L)sph+5.25D cyl-1.50D Ax90° ADD-1.00
DSC_0040 DSC_0040

nunoi

視力が良くて遠用眼鏡は使わない、だから多焦点は使いづらい。 「弱度乱視・パソコン用眼鏡」

70代後半女性

屈折異常があり、遠用眼鏡が必要な眼であっても、遠用眼鏡を使っていない人に対して、とても良く見える強い老眼鏡等を作ってしまうと具合が悪いという事と同じように、適度な老眼鏡だけを使っている遠用眼鏡を必要としない眼は、普段から度の付いたレンズを通して物を見ていないので、両用レンズなどの複合的なレンズを掛けこなすことは難しいといえます。眼鏡慣れしていない眼であれば、それに応じて眼鏡を簡素化することも重要です。
DSC_0040
パソコン画面までの距離を測っていただいたところ60cmありました。通常の老眼鏡はその半分の距離にピントが合うように出来ていますので老眼鏡では画面がぼやけて見えません。中間距離用の眼鏡が必要になります。
DSC_0040
一般的には「中近レンズ」を使う事が多いですが、遠用眼鏡を必要としない眼にとっては、複雑な設計のレンズは眼の方が順応しづらいので、すんなりと使いやすい眼鏡にした方が良いでしょう。単焦点レンズで60cmの中間用を作ります。

度数を決定

【完全矯正-遠方-】
裸眼視力1.2
R)sph±0.00D cyl-0.25D Ax90° 
矯正視力1.2

裸眼視力1.2
L)sph±0.00D cyl-0.25D Ax90° 
矯正視力1.2

【完全矯正-近方-】
裸眼視力0.2
R)sph+2.50D cyl-0.25D Ax90° 
矯正視力0.8

裸眼視力0.2
L)sph+2.50D cyl-0.25D Ax90° 
矯正視力0.8

 

眼鏡処方

※60cmに焦点を合わせた中間用
R)sph+1.25D cyl-0.25D Ax90° 

L)sph+1.25D cyl-0.25D Ax90° 

DSC_0040
一般的に多く使うノートパソコンの距離と違って、モニターが離れている場合はピントが合う距離も遠くしなければなりません。この60cm用の眼鏡とは別に読書用の30cmでピントが合う老眼鏡も持っています。

suzuki

散瞳中の眼鏡合わせはピンホール遮蔽板を用いる。 「近視・片眼主体の眼鏡」

70代後半女性

右眼は網膜疾患のために視力の確保が難しく、片眼主体の眼鏡となります。都立駒込病院の眼科受診後に御来店いただきました。眼底検査の為に散瞳薬を使い瞳孔が大きくなっており、眩しさを伴っている状態。散瞳していると瞳が大きくなっていて光が眼の中に沢山入るので「眩しい」という事が起こります。眼は暗い場所では少量の光でも眼内に取り込もうとする働きが起き、瞳が大きくなります。逆にとても明るい場所に出ると余計に入る光を制限するために瞳が小さくなる働きも起こります。
DSC_0040
瞳孔は、虹彩(茶目)の中央にある円形の孔で、瞳孔散大筋と瞳孔括約筋が「収縮」「弛緩」をして大きさを変えます。瞳が5.0mmより大きいことを「散瞳」。瞳孔は、大きくなったり小さくなったりすることで眼の中に入れる光の量を調整する役割を担っています。
DSC_0040
【ピンホール効果】眼底検査の為に散瞳した後の眼鏡合わせについては、基本的に後日になる事が多いのですが、大きくなり光がたくさん入ってしまう瞳はピンホール遮蔽板(しゃへいばん)を使って、光の量を制限して検眼する事も可能です。

度数を決定

【完全矯正-遠方-】
※ncはnon corrigible:ラテン語の略で、矯正不能
R)n.c

裸眼視力0.06
L)sph-5.00D
矯正視力0.7

目の度数 焦点距離
-4.00D 25cm
-4.50D 22cm
-5.00D 20cm
-5.50D 18cm
目の度数 焦点距離
-6.00D 16.5cm
-6.50D 15cm
-7.00D 14cm
-7.50D 13cm
 

眼鏡処方

R)sph-6.00D (バランス)

L)sph-5.00D

DSC_0040
見える方の左眼の裸眼は、眼前20cmの距離でピントが合うので、眼鏡を外せば裸眼で小さな文字も読めるため老眼鏡は不要。

ohno

モノビジョンで合わせられる。「近視・度数が弱い眼が利き目の不同視」

70代後半女性

近視が強い眼と、近視が弱い眼を持っているいうことは両眼の視力に差が生じるということで、近視は手元が見やすい眼ですが、手元の見やすい距離もそれぞれの眼で異なるということでもあります。各眼をめいっぱい矯正した場合に、±2.00D以上の度数差がある眼を「不同視(ふどうし)」といい、差が多いほど眼鏡の合わせ方も難しくなります。近視性不同視の場合、どちらかの目は遠くが見え、どちらかの目は近くが見やすくなっていますので、その性質を崩さないような矯正が必要になってきます。
DSC_0040
度数が強ければ裸眼の焦点は近くにあり、度数が弱ければ裸眼の焦点は遠くにあるので、不同視の人は自然と、度が強い方の眼で近くを見て、度が弱い方の眼で遠くを見るという切り替えが行なわれており、これを眼鏡で同じに合わされてしまうと不具合を感じます。
DSC_0040
検眼というのは、各眼を完全に矯正した結果を出しますが、そのままの状態で眼鏡を作ってしまうと度数の差がありすぎて装用できません。物が二重に見える等の「複視」が起こりやすくなります。若い人と違い高齢になると、極力左右の差を少なくする事が必要。

度数を決定

【完全矯正】
裸眼視力0.05
R)sph-5.25D
矯正視力1.0

裸眼視力0.2
L)sph-2.50D
矯正視力1.0

目が持つ度数 焦点距離
-1.00D 100cm
-1.50D 66.5cm
-2.00D 50cm
-2.50D 40cm
-3.00D 33cm
-3.50D 28.5cm
-4.00D 25cm
-4.50D 22cm
-5.00D 20cm

完全に一致ではないですが、裸眼時の焦点距離は左右で倍の違いがあります。極小文字は眼鏡をはずして裸眼で見えます。

  

眼鏡処方

R)sph-2.75D 視力0.3

L)sph-1.75D 視力0.6

※右眼は、近くを見るために合わせてあるため、遠見視力は0.3だが、近見視力は0.6になる。左眼は、左右1.00Dの差にするために視力は0.6に抑える。この状態でモノビジョンという単焦点眼鏡による遠近両用が出来上がります。

DSC_0040
DSC_0040

sawada

常用の遠近両用とは別に、単焦点老眼鏡を持つ。加齢黄斑変性症 「遠視」

70代前半男性

現役で仕事をされている場合において、遠近両用レンズの近用部分の明視域と「単焦点近用レンズ」との書類等の見やすさの比較は歴然です。度数が上から下に向かって変化する累進多焦点「遠近両用」の正確な近用ポイントから外れると、違う度数で見てしまうため、シングルビジョン「単焦点」で見た方が目も楽です。理想的な組み合わせは「遠近両用眼鏡と近用眼鏡」です。
DSC_0040
DSC_0040

完全矯正度数と眼鏡

【完全矯正】
R)sph+3.00D cyl-1.25D Ax110°
L)sph+3.25D(左眼が黄斑変性症)
【普段使う眼鏡は、遠近両用】
R)sph+3.00D cyl-1.25D Ax110° ADD+2.50D
L)sph+3.25D                             ADD+2.50D
【近用眼鏡】
R)sph+5.50D cyl-1.25D Ax110°
L)sph+5.75D 

DSC_0040
DSC_0040
  

眼鏡処方

眼鏡処方は遠近両用・近用単焦点眼鏡
※加齢により、くすみの出た水晶体に効果の高いコーティング
※治療の効果が出ている時に眼鏡処方
DSC_0040
DSC_0040 DSC_0040
治療効果持続中 歪みが出た時は、片眼
遮へい
DSC_0040

ohmura

「遠用」「近用」良質なレンズで眼鏡を二つに分ける。 「中等度遠視」

70代男性

+3.00D前後の中等度の遠視になると、眼に屈折異常が殆んどない人が老眼鏡として使用するような度数を遠用眼鏡として使います。そして近用眼鏡は更に強い凸レンズを要します。+4.00D⇒+5.00D⇒+6.00Dというように、凸レンズの度数が増すとレンズの中心部、周辺部では見え方が異なってくることもあり、それは安価なレンズほど顕著に現れます。眼鏡作りにおいて、弱度数ならば安価な眼鏡も高価な眼鏡も正しい度数であれば際立った違いというのは見つけるのが難しいかと思いますが、中等度以上からは度数の決定や耳の高さとテンプル(つる)とで成す傾斜問題、レンズの選択等のさまざまな条件が加わってくるので、眼鏡作りで差がつくのは中等度以上の眼です。「現代は遠近両用が主流だ」とか、「1つの眼鏡で何でも出来るから便利だ」とかではなく、眼鏡を決める理由は使う人の屈折状態で変わるものです。
DSC_0040
度数が増す程にこの作用は大きくなり、レンズの端の方は歪みが多くなります。強度の場合はフレームが歪むと瞬時に像も歪んで見え方が悪くなります。
DSC_0040
「フレームが歪む」それはレンズを通して見ている像が悪くなる事を意味しますが、弱度数ではフレームが歪んでも殆んど見え方の悪さに影響しません。
DSC_0040
【使用するレンズ】眼の筋肉を内側(鼻側)に寄せる輻輳(ふくそう)を助ける為に、0.5プリズム内方という加工もしてあります。
DSC_0040
【使用するレンズ】眼の筋肉を内側(鼻側)に寄せる輻輳(ふくそう)を助ける為に、0.5プリズム内方という加工もしてあります。

度数を決定

【遠方】
R)sph+2.50D cyl-0.75D Ax90° 
0.5プリズム内方
矯正視力1.2

L)sph+2.25D cyl-0.25D Ax90° 
0.5プリズム内方
矯正視力1.2

【近方】
R)sph+5.50D cyl-0.75D Ax90° 
0.5プリズム内方
矯正視力0.6

L)sph+5.25D cyl-0.25D Ax90° 
0.5プリズム内方
矯正視力0.6

DSC_0040
高齢になると、長時間細かい作業をし続けた後に、ものがかすんで見えたり、近くをずっと見ていて遠くに視線を移した時に焦点が合わなかったりします。目の疲れが溜まるとものが二重に見える「複視」になることもあります。弱いプリズムレンズを用いて二重に見えるのを防ぐ効果があります。
  

眼鏡処方

※遠用と近用を別々に
【遠方】
R)sph+2.50D cyl-0.75D Ax90° 
0.5プリズム内方
矯正視力1.2

L)sph+2.25D cyl-0.25D Ax90° 
0.5プリズム内方
矯正視力1.2

【近方】
R)sph+5.50D cyl-0.75D Ax90° 
0.5プリズム内方
矯正視力0.6

L)sph+5.25D cyl-0.25D Ax90° 
0.5プリズム内方
矯正視力0.6

DSC_0040 DSC_0040
【遠用眼鏡】
UVカット+カラー+
ブルーライトカット
【近用眼鏡】
ブルーライトカット

sasa

人口水晶体挿入後の眼 「乱視矯正眼鏡」

70代女性

超音波乳化吸引術、現代は殆んどがこの術式で行われます。取り除いた水晶体の変わりに人口水晶体が入れられ、これを眼内レンズ(別名IOL)といいます。※IOL⇒眼内レンズ(英: Intraocular lens, IOL)は、白内障手術で水晶体を摘出したときに挿入される人工の水晶体。
そして多くの人には、大なり小なりの乱視があり、この乱視は「角膜の乱視」と「水晶体の乱視」とで成り立っており、水晶体を摘出した眼には角膜の乱視のみが残存します。術後、この乱視を眼鏡で矯正する必要があるかないかは人によりけりです。
DSC_0040
人口水晶体には乱視がありませんので、残った角膜乱視を矯正した眼鏡をかければ良好な視力を得られます。
DSC_0040
室内で過ごすには充分な裸眼視力がありますが、外出時などで遠くをもっと見たい場合は乱視を矯正した眼鏡をかけます。

度数を決定

【完全矯正】
裸眼視力0.4
R)±0.00  cyl-2.50D Ax80° 
矯正視力1.0

裸眼視力0.5
L)±0.00  cyl-2.25D Ax80° 
矯正視力1.0

乱視(cyl)の半分のパワーが、近視(sph)のパワーとなるため、右眼を近視度数に直すと「sph-1.25D」
左眼を近視度数に直すと「sph-1.12D」。裸眼では小さな文字を読むには老眼鏡を要しますが、近視の眼になっているので近くも見やすくなっています。

目が持つ度数 焦点距離
-1.00D 100cm
-1.25D 80.0cm
-1.50D 66.5cm
 

眼鏡処方

【遠用眼鏡】両眼で1.2
R)±0.00 cyl-2.50D Ax80° 視力1.0

L)±0.00 cyl-2.25D Ax80° 視力1.0

※主にお買い物や、お芝居を見に行く時に使用。

DSC_0040 DSC_0040
角膜に弱いカーブと強いカーブがあり、均一面ではないのが乱視です。そのため異なるカーブを持たせた眼鏡レンズを作ります。 かけっぱなしの眼鏡ではないので、サングラス効果もあるように作りました。

satou

サングラスも眼鏡と同じ度で。 「度付きサングラス」

70代女性

老若問わず「遠視眼」というのは眩しがる傾向が多く、対処としては「度数」を付けたレンズをかけると眩しさがかなり軽減されます。眼鏡店では、近視眼の人よりも遠視眼の人の方がカラーレンズの眼鏡やサングラスを持つ御客様の割合が多いものです。老練な医師曰く、遠視は薄暗い方が楽、近視は明るい方が楽、という話しも眼球構造との関連性なのかも知れません。御客様の中には御自身の定着した「カラー」、気に入っている色というものがあり、眼鏡レンズのカラーサンプルというのは、現在は全レンズメーカー共通となっていて数年間でカラーが変更されます。「サングラスはいつもこの色!」という要望は「見本染色」という方法でいつも同じ色のレンズで眼鏡をお作りする事が可能です。
DSC_0040
店頭用カラーサンプルの種類には限界があり、ほとんどの御客様はこのカラーサンプルの中から色を選びますが、特にサングラス系ともなると御自分の気に入っているものがある御客様も多いのです。
DSC_0040
度を付けたサングラスを作る際も、普段使う眼鏡と同じ度数にします。【遠視+乱視】これは必須で、更にいつも遠近両用眼鏡を使っていると老眼鏡を持ち歩く習慣がありません。その場合は遠近両用レンスを。

度数を決定

裸眼視力0.6
R)sph+1.50D cyl-1.00D Ax90°
矯正視力1.0

裸眼視力0.7
L)sph+1.25D cyl-0.75D Ax90°
矯正視力1.0

DSC_0040
今までのレンズは「メーカーのレンズ工場」に「見本色」として送り、この色と同じレンズを製作します。これだけは機械処理が不可能で人の目で仕上げます。
 

眼鏡処方

遠近両用度付きサングラス
R)sph+1.50D cyl-1.00D Ax90° 視力1.0
ADD+2.50

L)sph+1.25D cyl-0.75D Ax90° 視力1.0
ADD+2.50

DSC_0040 DSC_0040
上部は濃く下部は薄い
Wハーフという染色。
見本色は機械処理が不
可能で、現在も人の目
で仕上げます。

sugiyama

自分の眼が近用眼鏡となる。 「近視 遠近両用レンズを一工夫」

70代女性

-3.50D前後の近視がある目。その裸眼は眼前30cm弱まで焦点が合いますので、眼鏡を外せば何でも細かい文字が読めます。つまり自分の眼が「近用眼鏡」の役目を果たします。考え方としては「遠」「中」「近」の内、「近」は不要で、一番不都合な「遠」と「中」に眼鏡レンズを用いる事で【上下の度数差が少ない遠近両用】が出来上がります。上下の度数差が少ないという事の利点は、まず「歩きやすい」という事。次に、通常は強い老眼が入る部分が弱い老眼になっていますので、「台所等の立ち仕事」「食事に出掛けた際のテーブル上」こういった距離にピントが合います。では、小さな文字は? 眼鏡を外せば問題ありません。このように御自身の目の利点と、レンズの利点を上手に合わせています。
DSC_0040
近用の場合、凸レンズは、度数を増やせば強い見え方となり、減らせば弱い見え方に。凹レンズは、度数を増やせば弱い見え方となり、減らせば強い見え方になります。凹レンズの度数を増やしているので視距離が伸びます。結果、上下の度数に差が少ないレンズに。
DSC_0040
お客様の遠近両用の遠用部分は両眼で1.0弱の視力。老眼部分は、読書には焦点距離が合っていませんがこのような場面にピントが合うようになっています。文字は裸眼で読めますので、あえて読書が出来るような老眼にしていないのです。

度数を決定

【矯正視力】
裸眼視力0.1
R)sph-3.75D
矯正視力1.2

裸眼視力0.2
L)sph-3.50D
矯正視力1.2

目が持つ度数 焦点距離
-3.00D 33cm
-3.50D 28.5cm
目が持つ度数 焦点距離
-3.75D 26.6cm
-4.00D 25cm
-3.50D前後の近視。裸眼が「近用眼鏡」の役目を果たすという意味が、この裸眼の焦点距離にあります。
 

眼鏡処方

遠近両用眼鏡
R)sph-3.50D 視力0.9
ADD+1.75

L)sph-3.25D 視力0.9
ADD+1.75

DSC_0040 DSC_0040
上の丸印が遠用度数で
下の丸印が老眼部分。
遠から近へ行く過程に
間の度数も入ります。
アイポイントの重要性
(遠近両用レンズ)
フレーム上下丈の選択
は、非常に重要です。
上下が狭いフレームに
同じレンズで加工して
しまったら下の丸印が
切り取られます。

fukushima

ルーペ以上の高倍率読書器で仕事も可能。 「黄斑(おうはん)変性症と眼鏡」

70代男性

レンズでいっぱいに合わせた視力(矯正視力)が0.5~0.6以下の場合、多焦点レンズ等ではなく、面倒でも「遠用」「近用」を別々に分けた方が安定した見え方が得られます。これについては片眼しか視力が得られない人も同様です。多焦点レンズのように各部で度数の変化がある設計は、それなりの視力が確保できた場合に有効であり、部分部分で度が変わってしまうレンズでは疲れます。特に老眼鏡においては、現在最も良いと思われる度数で見る事ができる「単焦点レンズ」が必要。
DSC_0040
遠方視力は、レンズでいっぱいに合わせて0.3。薬剤注射治療の効果があらわれている時です。
DSC_0040
【滲出型黄斑変性症】視力が出ない時、網膜は浮腫(ふしゅ)の状態にあります。脈絡膜(みゃくらくまく)新生血管の成長を活発化させる血管内増殖因子の働きを抑える薬剤を注射する治療を行います。
■加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)
■加齢黄斑変性症と”酸化”
DSC_0040
遠くの矯正視力が0.3なら、近くの視力も0.3まで。新聞では普通サイズの文字が何とか読めるくらいです。
DSC_0040
新聞を隅々まで読むために必要な視力というのは、「近見視力0.6」です。何もここまで見えなくても・・と思いますが、ここまで見える事で何でも不自由なく見る事ができます。矯正視力が0.3でも高倍率の拡大読書器を使う事で小さな文字も大変見やすくなり、視野が狭いルーペとは格段の違い。

度数を決定

【矯正(遠方)視力0.3】

R)sph+3.00D cyl-2.00D Ax100°
1プリズム内方
L)sph+3.50D cyl-2.50D Ax80°
1プリズム内方

【矯正(近方)視力0.3】
R)sph+6.00D cyl-2.00D Ax100°
1プリズム内方
L)sph+6.50D cyl-2.50D Ax80°
1プリズム内方

拡大読書器
DSC_0040 DSC_0040
エッシェンバッハ
携帯型拡大読書器
NEITZ-ナイツ-
拡大読書器
  

眼鏡処方

遠用眼鏡及び近用眼鏡
【遠用単焦点眼鏡】
R)sph+3.00D cyl-2.00D Ax100°
1プリズム内方
L)sph+3.50D cyl-2.50D Ax80°
1プリズム内方

【近用単焦点眼鏡】
R)sph+6.00D cyl-2.00D Ax100°
1プリズム内方
L)sph+6.50D cyl-2.50D Ax80°
1プリズム内方

DSC_0040 DSC_0040
遠用眼鏡 老眼鏡は携帯式眼鏡の
【slimfold】