■両眼の焦点距離を合わせたパソコン用眼鏡

左右の焦点が違う眼

小学生の時から近視の眼鏡を掛けており、数年前にレーシック(角膜屈折矯正手術)を受けた40代後半女性の例です。老眼の初期に差し掛かかっている年齢でもあり、小さな文字なども見にくくなってきているのですが、手元は片眼をつむった方が見易くて、職場でパソコンを使う距離では両眼の方が見易いが、非常に疲れるとの事なので早速検眼をいたしました。

 

遠方の完全矯正

右)裸眼視力0.6 
矯正度数 sph-0.50D cyl-0.50D AX110°

左)裸眼視力1.0 
矯正度数 sph 0.00 cyl-0.75D AX90°

■右眼は、近視(sph)と乱視(cyl)を入れて矯正視力1.5

■左眼は、近視・遠視共になし 乱視(cyl)のみを入れて矯正視力1.5

※眼の方で過剰な調節が働かないよう、 雲霧状態にして検眼。
 
 

近方(近点視力表33cm)の完全矯正

右)裸眼視力0.8
矯正度数 sph+0.25D

左)裸眼視力0.3
矯正度数 sph+0.75D cyl-0.25D AX90°

■右遠方矯正度数のsphに+0.75D加入
矯正視力1.0。
乱視を入れると見え方が悪くなったので
乱視(cyl-0.50D)は入れません。

■左遠方矯正度数のsphに+0.75D加入
矯正視力1.0。
右眼と同じ乱視数値(cyl-0.50D)を差し引き、cyl-0.25Dのみ残した方が見え方が良い。

 
 

パソコンを使っている距離にあわせ視距離50cmに

作製度数
右)sph 0.00
左)sph +0.50D cyl-0.25D AX90°
左眼だけに度数を入れた眼鏡です。

 
 

!ポイント

裸眼の右眼は近くが良く見えて、左眼は遠くが良く見える若干の不同視力の眼です。そのため近くの物を見た時に双方の眼が持つ焦点が違ってきます。右眼は近視なので近くを見ることに関して非常に有利で、左眼は近視がないので近くにピントが合いません。業務などで、定められた一定の距離での長時間作業においては両眼の焦点を合わせた眼鏡を掛けると良いと思います。※遠方度数に補足する年齢別加入度数は、近視系の場合は実年齢よりも軽度になることが多いです。

 

年齢別加入度 -個人差あり-
40歳~45歳 +1.00~+1.50
45歳~50歳 +1.50~+2.00
50歳~55歳 +2.00~+2.50
55歳~60歳 +2.50~+3.00
60歳以上 +3.00~