■ナイロールフレームの糸切れ(交換)について

ナイロール(ハーフリムレス)フレーム

レンズの側面は、1周ぐるりと0.6ミリ幅の溝が掘ってあり、12号(直径0.570mm)のナイロン糸で吊ってあります。

DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040

 
 

■このナイロン糸は皆様もご存知だと思いますが、「魚釣り用の糸」です。

ヘラブナ釣り⇒1号
ブラックバス釣り⇒3号
12号は、20キロ以上の海釣り大物用の糸なんです!

■そんな丈夫な糸でも、常に強い力で引っ張ってレンズを吊ってありますので切れることがあります。気が付いたらいつの間にか切れていたり、レンズを拭いている最中に切れたりすることもあります。糸が切れていなくても伸びによってレンズがはずれている事も稀にあります。
 
 

切れやすいタイミング

冬から夏へ、又は夏から冬へと気温が変化する時期


ナイロールフレームのメンテナンス

半年に一度程の糸の交換をおすすめいたします。その際、これから寒くなる時期であれば縮む事を考え「少々緩めに」これから暑くなる時期であれば緩む事を考え「少々キツめに」と、当店では引っ張る強さを変えて糸の交換をおこなっています。