■日本は、近視率世界一の国 「ピント調節筋を助けるレンズ」

30代後半~40代ともなると、それなりに経験を積んできており責任ある業務に携わり多忙になってきます。それだけに「目」の疲労も躊躇にあらわれてくる年代でもあります。
日本人の半数は近視です。遠くを良く見えるように合わせた眼鏡を掛けているのが一般的であり、眼鏡を複数持っている場合でも、同じような度数のものを複数持っている事が多いと思います。別ページの ■用途に応じた眼鏡で、「強い度と弱い度を使い分ける」この内容をもう少し詳しく、そして目の疲労原因であるピント調節の負担を助けるレンズについて述べさせていただきます。

一般的な解釈

「遠くが見える眼鏡は、正しい」 

「遠くが見えない眼鏡は、正しくない」

 
この解釈は、あくまでも遠方の視力がどの位得られているかの問題であり、自動車の運転や普段掛けている眼鏡に対しての考え方です。
 

40代前後からの考え方

目に負担をかけない!

「遠くが見えない眼鏡は、ピント調節筋が休まる

「遠くが見える眼鏡はピント調節筋に負担をかける

 
 

もう1つ別に家の中が見える程度でいいから、手元とその周辺が楽に見える眼鏡がほしい。こう依頼されるお客様も多いのです。理由としては、強い眼鏡で近くを見ていると疲れるからです。

 

DSC_0040
疲れの原因はピント調節筋の疲労


目は近くを見る時、調節筋が水晶体を厚くしてピント合わせをおこないます。そして、遠くが見える眼鏡で近くを見るほど調節筋を多く働かせるため、目が疲れやすくなります。
眼鏡を複数持っているのであれば、1本は手元が見やすいような度数にしておくことも必要だといえます。長い時間視力1.2の眼鏡で近くを見るより、視力0.6の眼鏡の方が目に負担がかかりません。
遠くが良く見える眼鏡のみ持っている方の為に、是非おすすめしたいレンズ「疲れ目サポートレンズ Nikonリラクシー」を御紹介いたします。


 
 

度数が弱くなる領域をもたせたレンズ「Relaxsee」

遠くが良く見えるレンズでありながら、レンズの中に度が弱くなる領域(ピント調節筋に負担をかけない領域)を持たせた疲れ目対策レンズが、株式会社Nikonより発売されております。

右)-3.25D 視力1.2
左)-3.25D 視力1.2

右)-2.50D 視力0.6
左)-2.50D 視力0.6

この度数を一枚のレンズの中におさめる事が可能です。

 
 

DSC_0040
イメージ図1


DSC_0040
イメージ図2



このレンズは遠近両用ではありません。ごく自然に度数を変化させ、遠近両用にありがちな側方部分の歪みもありません。手元に目線が通る部分の度数を弱めてあるのです。リラクシーとは、「すっきり遠くが見え、調節筋に負担をかけない度数で近くを見る」レンズです。

 
 

「Nikon リラクシーの作製例1」
 
「Nikon リラクシーの作製例2」
 
「Nikon リラクシーに適した目とは?」