■成長過程の小児、度数は変わらなくともPDに注意!

 
順天堂大学医学部付属 順天堂医院の処方箋に基づき、当店で小児の斜視・弱視のための治療用眼鏡を作っている兄妹の例です。

子供の場合は、眼鏡作製後も1ヶ月に1度は掛け具合の調整が必要です。本人が、「何でもないよ!」と言っても以外に曲がっていたりしているものです。調整をしながら私達は、お顔はもちろんの事、背格好も拝見しているわけです。体つきもしっかりしてきて眼鏡フレームが少々窮屈になってくる頃、PD(瞳孔間距離)の変化に注意する必要があります。
 

DSC_0040
PDとは、


成長と共に、目と目の距離も広くなる

 

お兄さんの例
平成25年 4歳時の処方箋 平成27年 6歳時の処方箋
sph±0.00
sph±0.00 cyl-1.75D Ax180°
PD53.0mm
sph±0.00
sph+0.25D cyl-1.75D Ax180°
PD57.5mm

 

妹さんの例
平成26年 3歳時の処方箋 平成27年 4歳時の処方箋
sph+2.00D cyl-3.00 Ax5°
sph+2.50D cyl-3.50 Ax5°
PD54.0mm

sph+2.25D cyl-3.00D Ax180°
sph+2.25D cyl-3.00D Ax175°
PD56.0mm

 

■2年前と比べて随分と背格好も大きくなったお兄さんのPDは、5mm近く変化していて度数は、ほぼ同じです。以前の眼鏡のままでは瞳がレンズ中心より外側にある状態でした。妹さんもフレームサイズを大きくし、レンズも現在の適正度数・PDに変更しました。

 
 

度数変化はなくとも、このような変化があります。

 

DSC_0040
体の成長に対して光学中心は以前のまま