白内障 

加齢を中心とするさまざまな原因で、眼の中でレンズの役割を果たしている透明な水晶体が濁ります。早い人で40歳代に発症し、80歳代までに殆んどの人が発症。物が白く霞んで見えなくなるのが特徴で、他に眼の病気がなければ濁った水晶体を手術で人工水晶体(眼内レンズ)に取り替えれば視力が回復します。

DSC_0040 DSC_0040
DSC_0040


下記のような症状がいくつかありましたら、眼科の受診をおすすめします。
自動車免許の更新ができなかった。 最近、特に片目の視力が低下してきた。
光が妙に眩しく感じるようになった。 目が霞み、物が霞んで見えにくくなった。
物の輪郭が二重三重に見えるようになった。 最近、老眼鏡をかけても文字が読みにくい。
暗いと視力が落ちて、よく見えなくなった。 メガネを作り替えようとしたが、視力が不安定。
色の鮮やかさが以前より感じられない。 テレビの字幕が見にくくなった。
DSC_0040
手術前の眼鏡合わせ「例」
白内障手術までの仮合わせ眼鏡 「片眼」 白内障進行過程の検眼と眼鏡合わせ
眼鏡でよく見えるなら、手術はまだ先にする事にした。<白内障> 白内障手術後・手術前の眼鏡