■コンタクトレンズを装用した状態で掛ける眼鏡 4(片眼は、眼内レンズ挿入眼)

-右眼の状態-

コンタクトレンズ(CL)を外すと、裸眼の焦点は15cm位(細かい文字が眼前15cmまではハッキリと見える)の場合、眼の度数は-6.50D程です。使っているコンタクトレンズの度数は-6.00D位だと思われますが右眼も白内障のため視力はさほどUPしません。

DSC_0040
裸眼の焦点距離イメージ


-左眼の状態-
左眼は、白内障の手術をして眼内レンズを入れており視力は良好。

遠近両用作製度数

R)±0.00 cyl-0.50D Ax90°視力0.4
(CLの上から)

L±0.00                            視力1.0
※(単焦点眼内レンズは遠方合わせ)

R)ADD+2.00
L)ADD+2.00


単焦点眼内レンズについて

単焦点眼内レンズは、その名が表すとおり、 1つの距離に焦点を合わせた眼内レンズのことです。
単焦点眼内レンズを入れた後は白内障のにごりがなくなり非常に明るくなり見やすくなりますが、1つの焦点しか合わないため、 手元の新聞も、遠くの看板も両方の距離がくっきり見えるという訳ではありません。
そのため、遠くが見える様にした場合は、近くを見る時は老眼鏡が必要になります。

上記作製の遠方度数に、+2.00Dの老眼度数を加え、遠近両用眼鏡を作りました。